噂の世界一大きい女子トイレです

  • 2017.11.28 Tuesday
  • 15:40

 

 

気温が大きく変化していますので、なんとなく体調が、、という方が多いですね。

 

一か月も風邪気味で参りましたが、ようやくいつもの元気を取り戻しました。

 

皆様、体調は大丈夫ですか。

 

さて、先日チバニアンのブログをアップしましたが

 

思い切って早めに行って来て良かったなあ、、、と思いました。

 

何か精神的にスッキリしたのと、

 

あの後、ほんの数日で、大変な人出だったということですから。

 

県道<天津小湊線81号>は、紅葉の季節にドライブで走るくらいでした。

 

 

 

 

長閑な風景が続き、お天気の良い日は気持ちが良いですよ。

 

市原は広いなあ、、、、、

 

 

大正15年(1926年)九月一日開業の小湊線沿線は

 

人口減少、車社会の発達などにより、寂れゆく地方の象徴のようです。

 

現在も高校生やお年寄りの足として、細々と頑張っておられます。

 

一日の乗降客数は減少の一途だったのが、努力の甲斐もあり

 

少しだけ止まったようです。

 

胸の痛む話ですが、鉄道ファンの間では人気のエリアだそうです。

 

ここは「飯給」駅前です。

 

 

お隣の「月崎」が、チバニアンへ行く最寄り駅です。

 

無人駅舎、改札も無し、寂しさは否めません。

 

 

県道81号線から入ると、飯給駅が見えてきます。

 

 

駅の横の一本の木が綺麗に紅葉していました。

 

 

駅舎へ向かう手前に、噂の世界一大きい女子トイレがありました。

 

この板壁に囲まれている空間が全部、トイレなんです (*^^)v

 

2012年に、建築家の手によるアート作品として設置されたものだそうです。

 

お隣の月崎駅は、古い保線舎が、苔や植物に覆われた「森ラジオ」があります。

 

努力の跡が涙ぐましい想いです。

 

 

 

 

さて、このトイレの面積は、約200屐

 

実際に中に入ってみると、もっと広く感じます。

 

 

ドアを開けて中へ入ると全面ガラス張りのトイレが見えてきます。

 

開設されたばかりの頃は、鉢植えの花が沢山置かれ、

 

春は桜、タンポポ、それは綺麗だったようです。

 

 

近づくとこんな感じです。

 

 

カーテンが一部レールから外れていて、全部隠せない状態でした。

 

なので、して来ませんでした。。。。残念。

 

先日、七五三の時にお会いした、次女のお姑さんのはっちゃんが

 

前に言ってましたっけ。

 

「とてもじゃないけど、出るものも出ない。」(@_@。と。

 

「私、出来るかも、、、(笑)」

 

「やあだ、お母さん!、、できないわよ〜〜!」(笑)

 

な〜んて会話をしたことがありました。

 

思い切って、男子トイレだったら良かったかもしれませんね〜〜

 

 

お隣には誰でも使用できるお手洗いもあります。

 

ホッ、、、(≧▽≦)

 

 

お弁当を持って、ここで仲良く食べていた女性二人連れと

 

お話ししましたが、月に一〜二度は、ここでランチタイムだそうです。

 

小湊線沿線はただ今、夕暮れ時からライトアップされて、

 

カメラマンさん達が遠くからも見えています。

 

 

月崎駅の森ラジオで見つけた、フユイチゴの実が

 

小さくポツンとそれは可愛らしかったです。

 

 

 

頑張れ小湊線。

 

エールを送りたくなる沿線です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
あはは、これは大変。
我慢して飛びこんだら、どうしましょ。
うふっ!

モンゴルの草原で休憩しても、
トイレなんかありません。
思い出してしまいました。
  • つゆ
  • 2017/11/28 5:31 PM
ミルさん
このトイレ、TVで見た事があります。
一番近くのおうちの2階のベランダからも
本当に見えないかどうか実験していました。
その時はギリだった気がしますが
工夫によってはね〜ww
ここに入るにはスッポンポンの方が似合いますね、きっとww
飯給、いたふと読むのですね。
何ともレトロですね〜森ラジオもいい雰囲気だったし
小湊線はこのまま発展せずこれを売りにして欲しいですね。
のどかで幸せな風景、また見せて下さい。
  • チカ
  • 2017/11/28 8:21 PM
☆つゆさん、こんばんは〜
ホントに、(⌒▽⌒)アハハ!ですよね〜〜
切羽詰まっていたら、敢行しちゃいますね、きっと、、、ウフフ

モンゴルは、つゆさんが行かれた時は20年くらい前でしたか?
草原の休憩時、催したら、、やはり、、、
ですか?
きっと、大草原では、誰もが大らかになってるかもしれませんね。
  • ミルフィーユ
  • 2017/11/28 8:49 PM
ミルさん こんばんは
体調はもういいのかな・・

しかしやね
参る事ばかり。 なにがって
「飯給」と書いて「いたぶ」と読む。
それに 広い敷地のトイレ
坪でいうと60坪
それなりの家が一軒建ちますよ。
それも前面ガラス張り・・

いやぁ まいった参った^^
  • maru
  • 2017/11/28 8:54 PM
☆チカさん、こんばんは〜

TVで、そんな実験をしてましたか?
見逃しました〜〜残念。
近所の二階家の窓から、ギリですか。
ロングスカートなら、テクニック次第で、見えないまま済ませられますね、、、エッヘン(^_-)-☆
〜〜て、何の自慢だか。

>ここに入るにはスッポンポンの方が似合いますね、きっとww

大爆笑が止まりません、、、想像が、、、チカさんの、、、、裸が(≧▽≦)
かなりの勇気が要るでしょうね〜
☆中房総・勇者決定戦!!なんて番組どうでしょうか。

「いたぶ」と濁音が入ります。
隣の月崎駅の「森ラジオ」、覚えてくれていましたか。
いい雰囲気でしょう。
銀座も良いけど、小湊線もいいもんでしょう?
また、どこか行ってきま〜〜す。


  • ミルフィーユ
  • 2017/11/28 8:57 PM
☆maruさん、こんばんは〜

長い風邪でした、、、maruさんも気を付けて下さいね。
寒さが富山は半端ないでしょうから。


参った、参った、、、(笑)
地名は読めませんよね。
一軒家が建つ広さですけど、ポツンとトイレがあると
200坪くらいに感じましたよ。

全面ガラス張りは、やっぱり落ち着かないです。
やっぱり、トイレは狭いほうが良いですね。
馬鹿げたことも、真面目にするって面白いですね。


  • ミルフィーユ
  • 2017/11/28 9:02 PM
こんばんは〜、

デカ〜^^、こんな広いと落ち着かないよね、
このトイレは実際に使えるんですか?

気温差、我家の方は明日は20度位になるらいですが、
明後日は10度とか、気温差に体調維持も大変ですよ。

小湊鉄道はゴルフに行く時、踏切を渡る時もありますが、
電車は見たことなしです^^

  • 夜霧
  • 2017/11/28 10:26 PM
☆夜霧さん、おはようございます。

デカいでしょう〜〜(笑)
狭い所が良いようですね。
実際に使えますよ、、、、でも勇気が要ります(≧▽≦)

今日は暖かくなり、また気持ち良い晴れですね。
明日は冷える様ですから気を付けないと。

小湊線は一時間かに時間に一本位ですから
ゴルフの時踏切で出会うことは無いでしょうね。
もし出会ったら、きっと良いことがあるでしょう、、、(ホンマ?)関西弁!

  • ミルフィーユ
  • 2017/11/29 10:05 AM
此のトイレテレビでやっていました
余り覚えていませんけれどこの写真見て思い出しました
  • 喜美
  • 2017/11/29 5:22 PM
☆喜美さん、こんばんは〜

喜美さんもTVで見ましたか。
チカさんと同じ番組を見たようですね。
一度見たら、このトイレは忘れられませんね〜
  • ミルフィーユ
  • 2017/11/29 8:16 PM
市原広し、雪隠もまた広し(笑

しかしせっかくの日本一を廃墟にしてしまうのは、
いかがかと思いますね。
ただ、見方によっては現代アートの先端を行っているようですが^^

小湊線、いすみ鉄道、久留里線、銚子電鉄、
そしてあまり知られてませんが、松戸からの流山線と、
房総には五つのローカル線が走っているのですね!

鄙びた里山、潮の香りがする海辺。
そんな半島の足を守る小さな鉄道・・・

全国でも稀有のことだと思います。
房総人はもっと大切にすべきでしょうね。

というナンテイも、東京ばかり行ってるんじゃないよ!
と、言われそうですが・・・(^^;
  • NANTEI
  • 2017/11/29 11:24 PM
☆NANTEIさん、昨日と打って変わって、どんよりした日ですね。

>市原広し、雪隠もまた広し(笑

まさしく、です〜〜
現代アートの先端なんでしょうか、、、
どうも私は現代アートがいまいち解らず、、、
でも、楽しい試みだと思います。
千葉のローカル線、4っつまでわかりましたが
流山線は存じませんでした。
全国でも稀有ですか、、、
房総の人より他県から来てくれる人が多いですね。
有難いことです。

東京ばっかり行っているNANTEIさん、羨ましい限りです。
どうも体力気力が無いと、あの混雑・猥雑・煌びやかなエネルギーなどに着いて行けない情けない私です。
たまに行くと高揚します、、、また来たい、と。
自然と煌びやかな猥雑さ、チャンポンが良いですね〜〜(*^^)v
頭も心も鈍ってしまわないように、刺激が必要ですね。



  • ミルフィーユ
  • 2017/11/30 12:22 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

訪問の証にポチして下さると嬉しいです。

写真ブログに参加しました

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

☆過去記事一覧☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM