ゆく夏を寝転んで見る花火かな

  • 2017.09.01 Friday
  • 01:14

 

 

8月の最終土曜日、近くの公園で花火大会があり

 

ご近所さんと行って来ました。

 

 

昨年はマイキーと、偶然海の花火を鑑賞し、

 

寄せては返す波が、花火の光に浮かび上がる美しさに

 

来て良かったね〜と、感動したものでした。

 

今年は、緑豊かな公園での花火です。

 

 

スマホ撮影で不鮮明ですが、どうぞ見苦しい点はご容赦を。

 

 

敷物を芝生の上に敷き、寝転んで見ていました。

 

もっと早くアップすべきでしたが、

 

よりによって、いきなり涼しくなってしまった今日になって

 

やっとで、写真を整理しました。

 

 

 

 

全国各地の有名どころの花火のように、決して立派ではありませんが

 

屋台も沢山出て、家族連れ、ご近所総出、カップル、と

 

夏の終わりに相応しい、結構な賑わいでした。

 

屋台で牛串など買い込んで、

 

涼しい風に吹かれて綺麗な花火を見ながら

 

手足を伸ばして大地に寝転ぶって、

 

心も体も解放されるものですね。

 

 

「音高く夜空に花火うち開き

                われは隈なく奪はれてゐる」

                          中条ふみ子

 

 

 

腕が悪くて、写真はこれほどですが、

 

色とりどりの華やかな花火を見てきて

 

最後は、こんな線香花火のような色のシンプルな花火に

 

しみじみ、ゆく夏を思いました。

 

 

 

さあ〜〜っと、火の玉が滝のように零れ落ちて来る瞬間が

 

何とも言えず、好きなんです。

 

お腹に響く、どーんと言う音が堪りません。

 

 

 

 

ご近所さんの彼女は、一昨年ご主人を亡くし

 

今は一人暮らしをしています。

 

私より4歳年下の、今年還暦です。

 

癌を患われたご主人と、スパッと自営業を畳み、

 

高齢のご主人のご両親様宅で同居し、数年にわたる介護の末、

 

ご両親を見送り、その後ご主人をも見送った、、、

 

大変な数年を、しかし淡々と送って来られました。

 

 

 

私が、ちょっと感心したというか、見習わなければと思ったのは

 

素敵な外車を残して逝った、ご主人の車を運転したくて

 

亡くなってから免許を取りに行き

 

PC教室に通い、

 

更に、ご近所の自営業をされている所でパートとして働き始め

 

何でも一人でさっさと行動している点です。

 

 

花火も昨年一人で行って、シートに寝転び見て来た、と聞いた時。

 

一人で花火?と聞く私に、気持ち良かったわよ〜♪

 

今年は一緒に行こうよ、と誘ってくれて

 

それなら是非、とばかりに散歩方々、歩いて行って来ました。

 

 

 

道のりは、25分ほどなので、往復で丁度良い運動です。

 

花火が終わり、主催者がマイクで、帰りは少しずらしてお帰り下さい、と

 

何度も叫んでいましたので、暫く芝生に寝転んだまま

 

ゆったりと、森からの風を楽しんでいました。

 

 

 

彼女は靴を脱ぎ、縦縞の明るい色柄のモンペに

 

5本指ソックスを履いた足を夜空高く上げ、

 

ストレッチ〜と言いつつ、自転車漕ぎをしていました。

 

笑いながら「もう、怖いものは何も無い。」って。

 

そう言われて見れば、最近の私もそうだわ(*^▽^*)

 

せいぜい饅頭怖い位かな(爆)

 

 

花火に負けていない、彼女の良い笑顔です。

 

 

 

 

夜空を見上げていたら、参加しているSNSの中にも

 

登山家の方々が何人もいらっしゃいますが

 

高い山で見る、漆黒の闇の中の星って、綺麗でしょうね〜〜

 

大自然に抱かれていると、何をくよくよ川端柳と言う心境でしょうか。

 

 

 

「閑けさや花火消えたるあとの星」

              日野草城

 

 

 

 

昨年も確か、同じことを言っていたような気がしますが

 

あらためて、今年もまた言います。

 

サヨナラ 夏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
今年は花火の音を聞いただけでした。夏競馬も沈黙、休業〜もう秋ですが、体感は夏です。涼しくなって頭を冷やし、軸がぶれぬ様に日々を送り、秋のG1でも軸を迷わず、大花火を打ち上げたいです。
  • とみちゃんくん
  • 2017/09/01 1:56 AM
マダム・ミル グ・モーニング
寒いくらいの朝です。

山で見る満天の星は浪漫の世界です。
小屋番時代に、今だかって見た事もない流れ星をみました。
秋の夜だったと思う
窓から何気なく剱方向をみていると、上空に線香花火を一条にしたような流れ星を。
見ていたのは私だけでした。
今でもハッキリ覚えています。

サラバ!異常だった夏
早く来い 雪降る冬よ^^

  • maru
  • 2017/09/01 6:37 AM
ミルフィーユさんおはようございます、今朝は爽やかですよ〜、急に秋になった感じですが、でも日中は真夏日になる様で秋はまだまだかな〜?
晩夏に花火が見られて良かったですね、昔亡くなったワンが怖がってから余り見に行くのも少なくなってしまいました、今では全く行く事も無い花火ですよ^。
今回の一句、先日人に言われたのですが、句の中に季語が二つ、ダメだな〜ってね、ミルフィーユさんも季語が二つですよ〜。

山中の星の素晴らしさご経験が有りませんか?
私は以前雲海の撮影に山中で夜明かしした事が有りました、その際に見上げた夜空は素晴らしかったのを憶えています。
機会がお有りでしたら是非一度ご覧になって下さい、息をのむ感動ものですよ〜。
  • はる爺
  • 2017/09/01 8:36 AM
気の合う友人と寝転んでみる花火いいですね。
歩いて行ける海辺の花火なんていいな。

中条ふみ子の歌も。
大抵は、アンソロジーで読むばかりですが。
俳句も、あまり知りませんが、いいなと思うのに、草城がよくあります。

また、リツイートさせていただきますね。
  • つゆ
  • 2017/09/01 8:58 AM
☆とみちゃんくん、涼しくなりましたね〜

同じく夏競馬の難しさ、今年ほど痛感したことはありませんでした。
秋のG1はお互い、どでかい花火を打ち上げましょう〜〜☆

  • ミルフィーユ
  • 2017/09/01 10:55 AM
☆maruさん、今朝も涼しいですね〜
秋の気配を濃く感じます。

秋の剣の上を流れて行く、大きな星、眼に浮かぶようです。
未だかつて見たことも無い流れ星の記憶は、maruさんの脳裏に一生宝として残るでしょうね。

今年ほど、あっという間の夏だった事は無いように思います。


  • ミルフィーユ
  • 2017/09/01 11:00 AM
☆はるさん、今朝は爽やかな朝でした。
こちらは、昼間も涼しいそうです。
何だか一気に秋〜!ですね。

ワンちゃん、花火の音に驚くでしょうね。
やはり、ペット連れで来ていた人が居て、大きな音がする度に
「ワンワン、キャイ〜〜ン、、、」と怖がっていましたよ(#^.^#)

あ、掲出の俳句、季重なりでしたね〜(笑)
ゆく夏と花火と両方入ってしまいました。
花火の季語は秋だそうで、それをゆく夏とやってしまい、どっちなんだ!ってことですね。
ビギナーもビギナー、昨夜プレバトを見たばかりなのに!(;'∀')

山中の夜空の星、一度でも見てみたいです。


  • ミルフィーユ
  • 2017/09/01 11:10 AM
☆つゆさん、涼しくなったのは私は大歓迎ですが
つゆさんは痛みの方が心配ですね。
暖かくしていてくださいね。

海へは車で無いと行けない距離なんです。
30分位です。
この公園は近所なので、散歩で良く運動がてら、ブラブラと歩きます。

日野草城の句は良いですね。
あまり知らなにのですが、もっと読んでみたくなりました。

いつもツイートでの当ブログ紹介有難うございます。
まだ使い勝手が良く分らず、、、これからです。


  • ミルフィーユ
  • 2017/09/01 11:16 AM
ゆく夏を寝転んで見る花火かな

 俳句お上手ですね。

花火もよく撮れています。
  • 「えーちゃん」
  • 2017/09/01 11:58 AM
花火はいいですよねぇ。
寝ころんでなんて、もっと良かったですね。
先週の土曜日に隣の市であったようです。
音だけ聞こえてきて行きたかったなぁって思いました。
  • emu
  • 2017/09/01 3:27 PM
ミルフィーユさん 寝転んで花火を見れるなんて
うれしいですね 🎆 🎇
  • みのり
  • 2017/09/01 5:39 PM
☆「えーちゃん」さん、有難うございます。
俳句は、季重なりだったようです。
推敲もせず、すぐ出してしまいました。

花火は写すのが難しいですが、雰囲気だけでも伝わりましたか。

  • ミルフィーユ
  • 2017/09/01 5:41 PM
☆emuさん、寝転んで見るのは初体験でしたが、
広い公園なので、ゆったりスペースがあり、
なんだか病みつきになりそうです。

お隣の市の花火、見逃して勿体なかったですね。
来年は是非とも!♪
素敵な写真を見せて下さい。

  • ミルフィーユ
  • 2017/09/01 5:44 PM
☆みのりさん、そうなんですよ〜
海では立ったまま見ていましたが、ここは
芝生が広がっているので、寝転んでいる人が多かったです。
  • ミルフィーユ
  • 2017/09/01 5:47 PM
ミルさん
寝転んで見る花火とはこれまた贅沢でしたね。
ご近所さんとすっかりリラックスされて
これぞ基本的な花火観賞ではないでしょうか。
花火って地上で見る物だと知ったのはここへ引っ越してから。
目線で見ても何か違う、さらに音も違う。
あのお腹にド〜ンは地上からしか味わえないものなんですね。
私もマンション裏の花火は一人で行きますよ。
だいぶ涼しくなっていよいよこの夏ともお別れでしょうか。
やれやれのような寂しいようなww
そうそう、涼しくなったらお茶でもいかがですか?
  • チカ
  • 2017/09/01 8:46 PM
☆チカさん、こんばんは〜

寝転んで花火を見たのは初めてで、結構良いものですね〜
気持ち良くて、嵌りそう(*^▽^*)

マンションの高い部屋からでは、ドーンという音はしないの?
知らなかった〜やはり音も花火のうちでしょうか?
裏ならば一人でフラッと見に行けるから、それも気楽で良いですね。

今日は涼しくて、もうこれで夏も終わりかと思うとちょっと寂しいけれどね。

お茶しましょう、久し振りに。
借りてる本もあるし、溜まったおしゃべりも。
楽しみにしています(*^▽^*)

  • ミルフィーユ
  • 2017/09/01 10:23 PM
今年は雨に咲く花火を見ただけで、お腹に
響く大輪の花火は、ここ何年も見ていません。
(私も花火大好きなんです。雷の轟く音も好きなの)

それにしても、ミルさんもそのご近所の女性も
共に、これぞ「ハンサム・ウーマン」ですね!
感じたことは、即実行する。
これは、知性も伴わないと出来ないことです。
芝の上で、足を高く上げてストレッチするなど、
素晴らしい〜の一語に尽きます。
  • 終わりの花火
  • 2017/09/02 6:44 AM
☆終わりの花火さん、こんにちは。

雨の花火も乙なものでしょう。
雷の轟音までお好きとは、負けました!

「ハンサムウーマン」、私がそうなのかは疑問ですが、
周りはそんな女性が多い事は確かです。
グチャグチャしたのは、あまり好かないので、同類項が
いつの間にか肩寄せ合って、と言う感じです。

夜の暗さの中でしたが、きっと私は、夜空に向かっての
あの自転車漕ぎの足を、ずっと忘れないだろうと思います。

「もう怖いものは何もない、、、、(⌒▽⌒)アハハ!」って言う言葉と共に♪

  • ミルフィーユ
  • 2017/09/02 10:51 AM
ミルさん、彩々です。
朝にコメント入れてますが、名前が「終わりの花火」さんに
なっていて、ショックです。

コメント欄にも、そのHNになっていて…
訳わからない。
  • 彩々
  • 2017/09/02 5:30 PM
☆彩々さん〜〜こんばんは〜(#^.^#)

HNが聞いたことの無い方だったけれど、
語り口が、あれ?彩々さんかな〜?って思ったんです。
勘が良いでしょう♪

きっと名前の蘭に、件名?を書いてしまったのかしら。

二度コメ有難うございましたm(__)m

PS:でも、その人らしさって、短い文なのに出るものですね。


  • ミルフィーユ
  • 2017/09/02 9:26 PM
外部サイトに慣れないので本文や画像を見たあと「何をすればいいんんだ?」と、まごまごします。
やたらな釦を押して迷い道に踏み込んでしまったら抜けられないで
しょうし。
コメント欄が見つかってほっとしました。

肝心のことを書いていませんでした、。

画像がすばらしい!
そして私も、去ってゆく夏がやけに寂しいです。
  • 漫歩
  • 2017/09/04 8:44 AM
☆漫歩さん、使いづらい外部ブログへお越しくださり有難うございます。

文字も小さく、何とかせねばと、思っています。
本文は文字を大きく出来るのですが、コメント欄は、どうも出来ずに皆さんにご不便お掛けしています。

今年の夏は気候が安定せず、気づいたらすっかり初秋の気配ですねー

暑ければ文句をいうのに、何だか今が一番寂しさを感じますね。
  • ミルフィーユ
  • 2017/09/04 11:02 AM
いいな〜^^
昔はポートタワーの浜で千葉市の花火大会をやっていましたが、
いつの間にやら幕張に替わってしまい、
わざわざ遠くまで行くのも面倒になって、
ここ何年かこの目で花火を見ていません。
腹にズシーンとくるあの音が懐かしいです。
花火の日は浴衣姿の若い娘が目立ちますね。
娘が家に居た頃は、やはり浴衣姿で花火見物に送り出したものです。
彼氏が出来た頃なので、哀しい親心というものでしょうか(笑

花火といえば半島のそれぞれの花火がなんともいえません。
半島の付け根から見ていると、いくつもの遠花火が望めて、
儚さが増すような気がしたものです。

遠花火またその奥の遠花火(南)

話は変わりますが・・・
こういう映像があります。
主人公は東金にお住まいの方です。

秋の夜のつれづれに、いかがでしょうか♪

http://m.pandora.tv/?c=view&ch_userid=monako5&prgid=54690891&cate=05

映像が止まったままでしたら、画面のなかのXをクリックしてください。
  • NANTEI
  • 2017/09/04 5:11 PM
☆NANTEIさん、こんばんはー

そう、ポートタワーの花火はホテルのラウンジから見たことが一度だけありました。
それ以後は、歳だったのでしょうか(笑)混雑を避けて家でのんびり隅田川の花火など見ていました。

娘さんが、彼氏ができたら浴衣でいそいそ花火大会へ♪
同じ光景がどこの家庭でもあったようで(^-^)
我が家の娘二人も、彼氏が出来ると浴衣を着て髪を結い上げ暑いのも何のその、行ったものです。

歩いていける、しかも寝転がれる公園で花火を見られるのは、思いの外、寛げて気持ちが良かったですー

そうそう、今日、とうとうパソコンが壊れてしまい、スマホでコメントしています。

明日急ぎパソコンを買ってこなけれは。
そんな訳で、暫くお邪魔できませんが、ネットから離れて
さあ、何をして遊びましょう?

週末までには復活出来ると思います。
ご紹介のサイト、後で拝見させて頂きますね。


  • ミルフィーユ
  • 2017/09/04 10:38 PM
遅くなりました〜、ゴメン

花火、スマホで撮ったわりには良く撮れてますね^^
寝転んでの花火見学なんて最高だったでしょ、
そういう経験は大昔の子供の頃かな。

先日、琵琶湖の方まで行ってきました、天気はあまり良くなかったけど、童心に戻って花火もしましたよ^^

しかし、涼しくなりましたね、寒さに弱いから困りますよ、
寒暖差もあるからお身体に気をつけてくださいね。
  • バーボン
  • 2017/09/07 2:13 PM
☆バーボンさん、お返事遅れてm(__)mごめんなさい!

パソコンが壊れて買い換えて、今何とか格闘しています。

琵琶湖へご旅行でしたか。
この夏は大変だったでしょうから、命の洗濯ができたのでは無いですか?
ゆっくりできましたか?

考えてみたら、寝転んで花火を見たのは初めての経験で気持ちがよくて癖になりそうです(笑)

急に気温が下がりましたから、風邪引かないようにお気を付けて下さい。
使い勝手が良くなるように、もう少しパソコンと格闘しています。

ブログは少しお休みです。
  • ミルフィーユ
  • 2017/09/08 4:53 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

訪問の証にポチして下さると嬉しいです。

写真ブログに参加しました

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

☆過去記事一覧☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM