芽吹きの山里・九十九谷公園

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 12:15

 

 

房総スカイラインは、君津市から鴨川市に至る道路で

 

途中にある、峰山パーキングからの眺めも素晴らしい。

 

 

低い里山が幾重にも重なり、芽吹き始めた黄緑色の新緑が

 

今だけの柔らかさで、目も心も癒してくれる。

 

 

 

 

そこからもう少し車を走らせて行くと、目的の九十九谷公園へと辿り着く。

 

 

 

君津市の自然遺産に指定されているこの地は

 

画家の東山魁夷が描いた「残照」の、インスピレーションを得た景色として有名である。

 

雄大な九十九谷の山並みを基に、甲州・土越の山々の情景を重ね合わせた作品、とされている。

 

 

 

以前にも、当ブログに書いたことがあり、重複しますが

 

何度見ても癒される風景です。

 

素晴らしい自然観察の文章、東山魁夷のエッセーから、

 

以下引用します。

 

 

「山並みは幾重もの襞を見せて

遥か遠くへ続いていた。

冬枯れの山肌は、沈鬱な茶褐色の、

それ自体は捉え難い色であるが、

折からの夕陽に彩られて、

明るい部分は淡紅色に、影は青紫色にと、

明暗の微妙な諧調を織りまぜて

静かに深く息づいていた。

その上には雲一つ無い夕空が、

地表に近づくにつれて淡い明るさを溶かし込み、

無限のひろがりを見せていた。

人影の無い山頂の草原に腰をおろして、

刻々に変わってゆく光と影の綾を私は見ていた。」

 

東山魁夷エッセイ「冬の山上にて」より

 

「残照」は、第三回日展にて特選を受賞し、

 

後に政府の買い上げとなり

 

この作品が、彼の出世作となった。

 

現在は、東京国立近代美術館に行くと見ることが出来る。

 

 

特に夜明け前から、日の出直後、日の入り前の情景は

 

九十九谷の山並みに、上総丘陵が幾重にも連なり

 

浮かび上がる雲海が眼下に広がり、

 

まるで墨絵の世界の様だ、と書かれている。

 

早起きしないと見られない風景だ。

 

 

 

 

菫が咲き、山つつじが盛りの公園は、今、もみじの青葉が美しい。

 

 

山桜は、今年はもう終わってしまったのだろうか。

 

芽吹きの優しい緑の中に、煙るように咲く白い山桜が見たかったけれど。

 

また、来年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
ミルさん
東山魁夷の残照と鹿野山の九十九谷
本当、よく重なりますね。
今 新芽が吹いて山の尾根が盛り上がり
さらに美しく見えました。
千葉って広大な平野が広がって気持ちいいですね。
山桜にはちょっと遅かったですか・・
つつじもとても綺麗です。
  • チカ
  • 2017/04/25 9:15 PM
すごく眺めの良い道路ですね。

近畿の和歌山&鳥羽あたりとよく似ております。

房総スカイラインってやっぱり 暴走族が多かったりして・・・(*_*)
  • やたがりあ
  • 2017/04/25 9:28 PM
☆チカさん、忙しいでしょう、今は、、、、そんなときに有難うね。
残照がここで構想を得たというのが、分かるような気がします。
出来れば早起きして、雲海を見たいけれど、無理でしょう、、私には。
房総丘陵は高い山が無くて、ただこんな感じで、どこまでも広がって
面白くも無い風景が、最近は好きになりました。

鮮やかなピンクのツツジの美しかったこと!

  • ミルフィーユ
  • 2017/04/25 10:57 PM
☆やたがりあさん、こんばんは〜

眺めが良いでしょう?
真夏になると、グラデーションが無くなるので、綺麗なのは今ですね〜
和歌山や鳥羽と似ていますか?
あちらはもっと、標高の高い山があって、もっとスケールが大きいのでしょうね。

>房総スカイラインってやっぱり 暴走族が多かったりして・・・(*_*)

座布団二枚進呈です( ^^) _U~~
うっかりスピードを出すと、やはり房総出身だから、、、と言われてしまいますね〜(笑)
  • ミルフィーユ
  • 2017/04/25 11:03 PM
元山賊のmが癒される風景です^^

魁夷さん やっぱいいなぁ
  • maru
  • 2017/04/26 7:54 AM
おはよう〜、雨の朝ですよ〜、久し振りの雨は苦になりませんね。

今日のお話、景色もそうですが、滑らかな文章が良かったですよ〜、何時もの事ながら文書で癒されます、有難うございます。

さ〜次は何時かな?
  • はる爺
  • 2017/04/26 9:04 AM
☆maruさん、おはようございます。

魁夷さん、淡い色合いが素敵ですよね〜
私も好きです。
  • ミルフィーユ
  • 2017/04/26 9:23 AM
☆はるさん、おはようございます。
西の方はもう雨ですか、、、、恵みの雨ですね。
いつも読んで下さり有難うございます。
たま〜〜のつぶやき記ですので、気ままに、また〜
でも、この足で濃溝の滝へ行った画像があるので
急いで整理して又、アップしますね(^^ゞ
  • ミルフィーユ
  • 2017/04/26 9:27 AM
ミルフィーユさん、こんにちは〜

うわ〜、懐かしい風景、以前、行ったことがありますよ、

ここが房総なのと思わずうなってしまいました、それほど素晴らしかったですよ、

房総は色々な所があって好きな所です、また機会があれば行きたいですね。
懐かしい風景が見れて嬉しかった。
  • バーボン
  • 2017/04/26 3:07 PM
☆バーボンさん、こんにちは〜

行かれたことがありますか?
ここの眺めは、房総感を一新させてくれる素晴らしい風景ですよね。
機会がありましたら、是非また、房総へお越しください。
リクエストがあれば、またアップいたしますよ〜(^^ゞ
有難うございました。
  • ミルフィーユ
  • 2017/04/26 4:50 PM
九十九谷は、朝靄の景が素晴らしいですね。
まことに幽玄な光景です。
実をいいますと房総は、仕事で隈なくといっていいほど、
巡らせてもらいました。

いちいち覚えてないほどですが、
この九十九谷はそのうちの最も印象深いところ、
そのひとつに挙げられます。

そうそう、千倉では山側の鄙びた部落で、
なんと浅井慎平氏の弟さんが焼き物作家をやっていて、
仰天した記憶も生々しいです^^

房総はまことに奥深い!
ただ、何年か前に免許を返上した私は、
公共の交通網と、か弱い(笑)脚を使わなければ、
素晴らしい自然に遭遇できない身となりましたので、
残念なことではありますが・・・。

こちらで、バーチャル体験するしかないので、
よろしくお願いします(^^)
  • NANTEI
  • 2017/04/26 6:31 PM
ミルフィーユさん 春は好きですね
芽吹きの春 新緑の春ですね
春が一番好きです。
  • みのり
  • 2017/04/26 7:44 PM
☆NANTEIさん、房総はお仕事で廻られて、隅々までご存知ですか、、、、
では、千葉育ちの私などより、ずっとお詳しいのですね。
私は最近です、千葉巡りをしているのは。

九十九谷の幽玄な朝靄を見られたなんて、羨ましい限りです。
やはり、中でもここは印象深いのですね。
何か所か挙げるとしたら、やはりここは、三本〜五本指位に入るでしょうか。

千倉の海岸通りの美術館、でしたか?浅井慎平さんのギャラリーにも行きましたよ。
オシャレなギャラリーでした。
でも海岸通りでは無く、かなり山の中でしたが(笑)

弟さんが陶芸家だとお伺いしたことがありました、、、そうでしたか。
それは、びっくりなさったでしょう。

千葉は車が無いと不便極まりない地ですから、それはちょっとバーチャルで楽しんで頂けるよう、また拙い写真をいっぱいアップいたしますね(*^^)v
見て下さいませ。

  • ミルフィーユ
  • 2017/04/26 8:37 PM
☆みのりさん、こんばんは〜

花好きのみのりさんは、きっと春がお好きだろうと思っていました。
芽吹く頃の景色の美しいことったら!
もう、長時間見ていても飽きないでしょうね。
私も、この季節は大好きです。
  • ミルフィーユ
  • 2017/04/26 8:41 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

訪問の証にポチして下さると嬉しいです。

写真ブログに参加しました

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

☆過去記事一覧☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM