世間は撮り鉄と呼ぶけれど

  • 2017.03.12 Sunday
  • 22:08

 

 

風の冷たい日もあれば、春の予感のする日もあり

 

晴天に誘われ、ちょっとドライブしました。

 

肩が痛いので、こんな時はやはり温泉が一番でしょう。

 

温泉への道すがら、ムーミン列車を待つ人の列を

 

菜の花の咲く土手に見掛けました。

 

ズラ〜〜っと一列に並んで、

 

咲き始めた桜の中を走って来るであろう列車に向けて

 

皆さん、手に手にカメラを構えていました。

 

 

そのシーンは、あっという間に通り過ぎてしまいましたので撮り損ねましたが。

 

 

 

無人駅の駅舎の中はちょっと絵になると思いませんか。

 

 

駅舎のアーチを抜けると、そこには風に泳ぐ鯉のぼりがもう!

 

ひな祭りが終わったばかりで、あらまあ、早い事、と思いましたが

 

菜の花と、もう少ししたら桜も咲いて、

 

お定まりの光景が見られるはずです。

 

 

次は、上総中野駅へも寄ってみました。

 

 

 

 

暫く止まっていたようで、乗客の皆さんは列車から降りてホームを散策していました。

 

 

旅の様です。

 

 

首都圏に、こんなにも長閑な光景が残っているなんて、

 

都会からの方には不思議?

 

都心から一時間ほどで異空間に身を置くことの出来る場所。

 

冬枯れの光景から、菜の花が咲き始めると

 

明るい黄色がアクセントになり

 

景色も一気に、春めいて来るものですね。

 

 

長閑な駅前風景です。

 

 

一日の乗降客は減少の一途をたどっているのでしょう。

 

経営努力で、あれやこれやイベントを常に打っているようです。

 

春になると、いわゆる撮り鉄さんと呼ばれる

 

立派なカメラ、デジカメ・スマホを手にした方達を

 

この沿線の、あちらこちらにお見掛けするようになります。

 

まだ、まばらな菜の花でしたが

 

山村暮鳥の、いちめんのなのはなという詩を思い出しました。

 

「いちめんのなのはな」が、7行続いて

 

「かすかなるむぎぶえ」

 

そしてまた一行「いちめんのなのはな」と続く、形態に特徴のある詩形です。

 

「ひばりのおしゃべり」

 

「やめるはひるのつき」というフレーズがそれぞれ、挟まれて

 

一度読んだら、記憶に深く残ってしまう詩です。

 

 

 

 

日本中の、地方と呼ばれる地域の抱える過疎化の悩みは

 

たまさか訪れる旅人には他人事の、しかし癒しを求めて

 

たまさかの休日にフラリと通り過ぎて行く。

 

何でも良いから、この線がいつまで続くのだろうと、

 

房総の民の一人である私も、遠来の客の一人となって

 

それでも、チラッと頭を掠めますが

 

自分がこの世に居なくなって、100年経ったとき、

 

ここは、どんな風になっているのだろうと思い浮かべてみる。

 

100年経っても菜の花は、相変わらず菜の花なんだろう、、、、、ね(笑)

 

 

 

あ、因みに、春生まれの次女の名前の一文字に「菜」を使いました。

 

 

地元のフキノトウを買って帰り

 

フキ味噌を作ってみました。

 

炊き立てのご飯にのせて食べると美味しい(#^.^#)

 

 

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
こんばんは。
初めてこちらでコメントさせていただきます。ちょっとドキドキですが(笑)
よろしくお願いします。
のどかでかわいい童話に出てくるような風景ですね。
  • つちのえ
  • 2017/03/12 10:35 PM
ミルさん グ・モーニング
線路脇に黄色い菜の花咲くシーン。
mの一番好きな景色です。
明るくていいなぁ^^
無人駅からして違います。色も雰囲気も実に明るい。
こっちの無人駅とは大違いやね。
こういう雰囲気 いいなぁ〜

  • maru
  • 2017/03/13 7:50 AM
写真巧者のあなた様、私とは大違い、スマホではなく立派なカメラで撮っていらっしゃるのでしょうね。
冒頭の菜の花と線路のお写真は額に入れて飾れますね。
過疎化は私も案じることしきりです。
これらのお写真からも強くその予感がしてしまいます。
私は旅行から帰り山手線に乗るたびに、「一極集中」のすさまじさを感じますが…
少子化で、それもいつかは・・・
  • ゆりー
  • 2017/03/13 7:54 AM
☆つちのえさん、おはようございます、そしてようこそ(^^ゞ

青い駅舎、赤い屋根、黄色い菜の花、まだ咲いていないけれど桜。
スターが勢ぞろいしたら、まるで童話の世界のような景色にもうすぐなります、、、、♪
ご訪問ありがとうございます。
またいつでも、お出で下さいね。
  • ミルフィーユ
  • 2017/03/13 9:06 AM
☆maruさん、おはようございます。

この駅は沿線の中でも一番明るい方かな?
モチロン、樹肌の色が退職して鄙びた感じの駅舎もあり
トタンで囲いをしただけの昔のバス停のような駅舎もあり
この沿線は、やたらに新しくしてしまわない(予算が無いから?)から
魅力があります。

菜の花と線路って似合いますね〜
  • ミルフィーユ
  • 2017/03/13 9:10 AM
☆ゆりーさん、おはようございます。
この写真は全部、スマホで写したんですよ〜
最近のスマホのカメラ機能は優れもので、安物のデジカメより写りが良くて、もうこれで良いかな?と。
でも、実は晴天の下では、画面が全く見えず、当たりを付けて写して居ることも(笑)
拙写真をお褒め頂き、誠にありがとございますm(__)m

旅から帰って東京の凄まじい混み具合に身を委ねると、現実に戻るでしょうね。
都会の喧騒に惹かれたのは若い頃で、
今やこんな長閑さに身を置く方が退屈ではあるけれど、、、、、、
なんか疲れないですね〜(笑)
過疎化は止まらないでしょうね。
勤務先としての産業、受け皿などが無ければ
若者、子育て世代は住めないでしょうから。
撮り鉄さんの心を掴んでいられるのもいつまで続くのかな?と
言う思いが頭を掠めます。
  • ミルフィーユ
  • 2017/03/13 9:20 AM
のどかな 良い風景ですね〜
自分の田舎の近くにも似たような雰囲気の駅がありますヨ

JR成田線 「下総松崎」 (しもうさまんざき)と言う駅で〜す (^^ゞ
  • bonten
  • 2017/03/13 10:22 AM
鄙びた田舎の沿線、良い感じです。

しやけど、潰れかけの遊園地みたいな色使いの駅舎のセンス・・・・まぁええか。

私的には 上総中野駅みたいなのがうれしいけど。
牧歌の風景に憧れます。
  • やたがりあ
  • 2017/03/13 11:30 AM
☆bontenさん、下総松崎駅見ましたよ〜
ネット検索したらいっぱい出て来ました。
あの辺りも、まだ長閑な光景が残っていますね〜

  • ミルフィーユ
  • 2017/03/13 12:05 PM
☆やたがりあさん、こんにちは〜

>しやけど、潰れかけの遊園地みたいな色使いの駅舎のセンス・・・・まぁええか。

ハハハ、、、、正直な思い、やたがりあさんらしくて思わず笑いました(*^▽^*)
この沿線、他でも書きましたが、みんなそれぞれ違う味わいの駅舎で
、そこを訪ね歩くのも面白いなあ、と思ってます。
好みは牧歌的な渋いのが良いんですね?
いっぱいありますよ〜
また、このシリーズ、書いてみますネ
ありがとうございました。


  • ミルフィーユ
  • 2017/03/13 12:11 PM
こんにちは。

もしや”いすみ鉄道”&他でしょうかね。
こんな近場でローカル線の旅! いゃ〜もう春景色等に癒されますね。

横浜ウォーカーの春特集に載ってましてこりゃあ〜行かなぁ〜
と考えてます・。




  • 貴裕
  • 2017/03/13 5:22 PM
ミルフイーユさん
撮り鉄 無人駅も絵になりますね
田舎の駅の風景は好きです。
  • みのり
  • 2017/03/13 6:01 PM
ミルさん
こんばんは〜
このままジブリの映画が撮れそうな光景ですね。
何と綺麗な色合いでしょうか。
撮影者の心が反映していることと思われます。
100年後も菜の花は菜の花でホッコリさせて欲しいですね〜
話変わって〜
さっき投稿したんですが・・ん?
自分のコメントが無くて・・
送信の仕方が分らなくなってしまった?
わぁ〜危ない〜〜(@_@)ww

明日から行って来ますね〜〜
  • チカ
  • 2017/03/13 7:37 PM
こんばんは。
小湊鉄道、お好きですね^^
菜の花の今頃は、それこそ撮り鉄さんたちが押し寄せるピークでは?
しかし、房総はいいところです。

私の義父母は九州からやってきて、
戦後から千葉に住み着いたそうですが、
終生、「千葉は日本でいっちゃん住み易いところバイね」
そういい続けておりました(笑

住み易く、市街から少し離れると、
懐かしい風景が手垢のつかないまま残っているのが、
まさしく房総の魅力だと思いますが、
反面、おっしゃるように好事家が訪れるだけでは、
この先100年とは言わず30年後でさえ、
どうなっているのやら判りませんね。
ましてや、人口がどんどん減っているこの国ですから。

ここは「房総観光大使」ミルフィーユさまの、
頑張りにかかっておりますぞ^^!

ところで前回のあの衝撃的馬券・・・@@
おめでとうございますの域を、遥かに超えておりますよ(><)

凄い、凄すぎます〜〜〜
それ以上、言葉になりませんでした(◎◎”
  • NANTEI
  • 2017/03/13 7:53 PM
☆貴裕さん、こんばんは〜

その、もしやの「いすみ鉄道」&「小湊鉄道」です。
この辺りで線が入り組んでいて、乗ったことのない者にとっては
よく考えないと??となってしまいます。
横浜ウォーカーに乗っていましたか?
首都圏春の行楽特集みたいな感じでしょうか?
そういう感じの旅人さん、多かったですよ〜
桜の頃に是非、是非(*^^)v
今にも朽ちるような駅舎の数々、なんだか可愛くなってしまいます。



  • ミルフィーユ
  • 2017/03/13 9:31 PM
☆みのりさん、こんばんは〜

田舎の無人駅も可愛いでしょう?
写真を撮りたくなりますよね。
  • ミルフィーユ
  • 2017/03/13 9:33 PM
☆チカさん、こんばんは〜

ジブリの映画、、、そう言われて見れば撮れそうですね。
この前の月崎駅の「森ラジオ」などはその最たるものでしょうね。

> 撮影者の心が反映していることと思われます。

ありがとうございます。
お天気よいと腕が無くても、良い写真が撮れますって。

コメの行方不明?
このコメ欄ちょっと使いづらいんです、、、私が管理者として
オープンにしないと出て来ないんです。
大丈夫です、、、、
>わぁ〜危ない〜〜(@_@)ww

あんなに勉強頑張れるんだから、私よりよほど頭脳が若いです。

> 明日から行って来ますね〜〜

明日からですね。
今回は残念でしたが、またの機会にご一緒しましょう。

気を付けて行ってらっしゃ〜い。
皆さんによろしく言って下さいね(^^ゞ
  • ミルフィーユ
  • 2017/03/13 9:41 PM
☆NANTEIさん、こんばんは〜

好きというか都会が疲れるようになりました(笑)、、、、歳ですねぇ
この時季、菜の花と桜のコラボの頃が観光客のピークでしょうね。

奥様のご両親様の口癖
>終生、「千葉は日本でいっちゃん住み易いところバイね」
そういい続けておりました(笑

そうでしたか〜感慨深いですね。
四国からこちらへ来た方も、そう仰っていました。
ここに居続けると、暑さ寒さの優しい所など慣れ切ってしまって
有難みをよく理解しておりません、、、、反省せねばなりませんね。

人口減少、過疎化、この小さな路線が生き物のように思えて来ました。
青息吐息でも頑張っているなあ、と。
房総の観光大使は、NANTEI師匠(皆さんがそう呼んでおられるので、、)
私はそのアシスタントの一人として、くらいの位置でしょうか(*^▽^*)

話は、ガラリと変わって

>ところで前回のあの衝撃的馬券・・・@@
おめでとうございますの域を、遥かに超えておりますよ(><)

凄い、凄すぎます〜〜〜
それ以上、言葉になりませんでした(◎◎”

有難うございました。
実は、極意なるものが少し見えたようで、12日の日曜日も三連単二本GETでした。
今年の目標、ケチケチ買いで三連単20本目標とします。
〜〜☆宣言しちゃいました〜〜☆ww





  • ミルフィーユ
  • 2017/03/13 9:57 PM
ミルフィーユさんおはよう〜、今日は寒の戻りで寒くなりそうですね〜。

こちらにも元JRから廃線になって第三セクターが引き継いだ路線が有ります、同じ様に沿線は花畑が多いのですが、一向に利用客が伸びないのが寂しいですよ。
でも考えたら、マイカー社会になって地元住民が利用しなくなったのが一番の原因ですね。
何時までも郊外の良さが残れば良いのですが、そうものんきな事も言って居れないのが現実です、猫の駅長さんに習ってお猿を売り出して見ましたが、人気は今一でした、果たして100年先どうなるかな〜?
  • はる爺
  • 2017/03/14 9:01 AM
☆はるさん、今日のこちらは雨が降って寒いです〜
気温上下するこんな時は、お気を付けてお過ごし下さい。

やはり第三セクターの、似たような路線がお近くに?
猫の駅長さんは、TVでも取り上げた時期が有りましたね〜
お猿さんは、ダメでしたか?
こちらにも駅猫さんの食事風景を、ホームで見せてくれる
養老渓谷駅が有名です。
足湯も有って、頑張ってますよ。
でも人口減少、過疎化の波、車利用などなど、、、
仕方のない事でしょう。
先行きは、一体どんな時代になっているんでしょうね?
過去100年の変化は、凄まじいものがありましたから、
私達の想像を絶してますね〜
せめて桜と菜の花、楽しみましょう(@^^)/~~~


  • ミルフィーユ
  • 2017/03/14 11:33 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

訪問の証にポチして下さると嬉しいです。

写真ブログに参加しました

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

☆過去記事一覧☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM