昭和の匂い・ローカル線

  • 2017.01.19 Thursday
  • 20:41

 

 

 

千葉県市原市小湊鉄道線は、大正6年(1917年)に創設された私鉄である。

 

当初は、内房線五井駅と、外房の小湊を結ぶ予定だったのが、

 

途中、資金不足で上総中野駅までとなってしまったが、

 

その18駅間を結ぶ線として

 

沿線の住民の足として、長い事親しまれて来たが

 

年々、乗降客は減り続け、今は無人駅が多い。

 

乗車してから車掌に切符を売ってもらうシステムだ。

 

いずれ、ワンマン運転も視野に入れているようだ。

 

 

里見駅は、中でも少ない、有人駅で

 

一人の駅長さんが居て、丁度上り列車が入って来た所

 

お仕事の一部始終を見せて戴きました。

 

 

 

軽油で走るディーゼル車のボディには、

 

ICHIHARA ART ×MIXの文字が。

 

2017年4月8日〜5月14日までの37日間、

 

この沿線一帯で、ARTイベントが開催される。

 

 

線路脇を歩いてみたら、昔々が、しきりに思い出された。

 

吾が住む街が開発されるまで、古い駅舎は素朴で

 

結構な近代まで(いつ生まれたの?笑)

 

乗って来たディーゼル車を降りて、

 

発車したあとの線路に降りて、向う側の改札口へと歩いて行く。。。

 

そんなレトロな光景が、まだここには残っている。

 

 

駅舎の壁にぶら下げられた箒も、眺めれば眺めるほど、

 

昭和だなあ、、、、と、思う。

 

 

駅舎の中。

 

 

 

聞くところによると、週末や連休は、

 

このローカル線に乗りに来る観光客のため、cafeも開設されるとか。

 

 

見よ! このレトロ感!!

 

この駅だけではない。

 

他にも、首都圏とは思えない、この雰囲気が人気で

 

TVCM、TVドラマの撮影、カラオケの撮影などにも使われているという。

 

ウィキペディアによると、この小湊鉄道線の施設が、全22か所

 

国の登録有形文化財に登録されるよう、2016.11.18に答申されたという。

 

車社会の発達とともに、廃れて行かざるを得なかった

 

愛すべきローカル線。

 

地元の方達のボランティア活動や、

 

撮り鉄さん、乗り鉄さん達に支えられて、

 

小さな古い駅舎や

 

里山の野の光景の中を、

 

たった一両で走る、キハ200型の車両が

 

何だか、生き物のように思えて来てならなかった。

 

 

この後、行きたかった、見たかった月崎駅へ行って

 

長い時間を過ごしました。

 

 

その写真はまた次回。

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
ミルさん
本当に優しい昭和ですね。
小湊と言えばあの銀杏 上総久保駅でしたか
あそこが一番印象的です。
ミルさんのブログでも何度か見せて貰った記憶がありますが
日本人の故郷みたいな光景ですね。
まるで博物館のようですが実際に動いているんですものね。
乗り鉄じゃなくても一度は乗ってみたい〜
  • チカ
  • 2017/01/19 9:19 PM
☆チカさん、ローカルで良い感じでしょう?
昭和にタイムスリップした様でしょ?
そうそう、この沿線全体が優しいんです。
以前、飯給(いたぶ)駅に来場者?のノートが置いてあり
「僕は今朝、フェリーで新潟の柏崎から来ました。」という
書き込みを見た時は、えっ??とびっくりして、やがて感動。
ローカル線って、手を掛けてやれば、生き物みたいに
再生するものですね。
今度、五井から乗ってみましょうよ。
菜の花の季節、一面の菜の花畑の中を走って行くのは
気持ち良いと思うの。



  • ミルフィーユ
  • 2017/01/19 9:30 PM
のんびりしていていいけれど採算が合わなければ仕方ないのかしら
何処かで
友達が味が濃いぬれせん 美味しい感じでしたけれど
こんなの沢山食べたら血圧あがるから駄目よと言われたことありました 
  • 喜美
  • 2017/01/20 7:35 AM
☆喜美さん、今日は寒いですね〜
こちらは雨ですよ。

採算は合わないでしょうね。
もう、車社会になってからは、どんどん乗降客が減るばかりだったでしょう。
「ぬれ煎」ですね〜(*^^)v
銚子電鉄を救った、救世主と言われているらしいです。
ちょっと濃いめのお醤油味ですね。
確かに血圧上がるかも?
でも美味しいですよね。
私は大好きです(*^▽^*)
  • ミルフィーユ
  • 2017/01/20 10:55 AM
こんにちは〜、本当に昭和は良かったですね、木炭車も走っていましたからね〜、そのバスで子供の頃は歯に貰ったバス代を失くし仕舞ってね〜、傍のおばさんが払ってくれた思い出が有りますよ。
車掌さん女性でしたが、要らないと仰ってもお客様が払って下さって、あの頃は人情味が有って良かったね〜〜。
  • はる爺
  • 2017/01/20 2:53 PM
☆はるさん、こんばんは〜

子供の頃のエピソードは、心温まるお話ですね〜
昔は、周りが見て見ぬ振りなんて無かったですね。
人が少なかったのもあるし、人との関わり方が違っていましたね。
昭和は遠くなりにけり、ですが、こんなローカル線には、
まだ何か温かさが残って居そうですよ。
  • ミルフィーユ
  • 2017/01/20 8:09 PM
レトロな列車
学生時代は通学で50分ほどの学校に
通学していました。
毎日同じ顔の人達に懐かしい駅ですね
  • みのり
  • 2017/01/20 8:49 PM
☆みのりさん、おはようございます。

通学は50分もかけて通われたんですか?
遠かったですね、学校まで。
でも列車の中って、自分の時間ですよね。
そうそう毎日同じ顔触れで、懐かしいですね。
  • ミルフィーユ
  • 2017/01/21 9:16 AM
懐かしくて、優しくて、癒されます。
特に「切符売場」窓口に感涙です、大阪でも「南海浜寺駅」と言うのがレトロであったのですが、今は建て替え中です(-_-;)
  • やたがりあ
  • 2017/01/21 10:24 AM
☆やたがりあさん、こんばんは〜

若い頃は見向きもしなかった古臭さが、この歳になると
どうして、こんなに郷愁に襲われるんでしょうね。

>大阪でも「南海浜寺駅」と言うのがレトロであったのですが、今は建て替え中です(-_-;)

ウィキで見ましたが、辰野金吾設計の、由緒ある建物じゃないですか?
建て替えですか??がっかりですね〜
利用者は便利な方が良いのでしょうけれど、東京駅丸の内の様に
なんとかデザインなど、原状を生かせないものでしょうか。
それは、残念ですね〜


  • ミルフィーユ
  • 2017/01/21 8:51 PM
ミルフィーユさん
おはようございます☀

わたしの実家田舎です〜昭和の駅
懐かしく思い出されました。
ローカル線が通ってます♪
それも今は無人駅となつてます。
三波春夫さんの故郷でもあります♪
  • さつき
  • 2017/01/22 9:08 AM
☆さつきさん、こんばんは〜

三波春夫さんの故郷は、今、ウィキで見てみましたが、新潟県ですね。
今頃、さつきさんの故郷は雪深し、でしょうか。
きっと似たような駅舎があったのでしょうね。
千葉でも、ここと、いすみ鉄道だけになりました。
房総も、真ん中あたりは、まだまだ里山の風景が残っていますよ。
  • ミルフィーユ
  • 2017/01/22 9:42 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

訪問の証にポチして下さると嬉しいです。

写真ブログに参加しました

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

☆過去記事一覧☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM