「椿山荘」の美しい庭<12月10日>

  • 2013.12.12 Thursday
  • 09:23

結婚式場として名高いホテル「椿山荘」は

今、紅葉のピークを少し過ぎ

枯れた味わいの、名残の紅葉を楽しめる。





安政4年(1857年)の切絵図によると、この敷地は

上総久留里藩、黒田豊前守の下屋敷であったそうだ。


!!意外なところで房総の名に出会うものだ。




椿山荘、クリスマスの飾り

クリスマスの飾りも渋い色合いで、大人の雰囲気で出迎えてくれる。



こちらがまだフォーシーズンホテルだった頃の

10数年前の夏に一度来ている。

食事の後に、やはり庭をゆっくり散策した記憶がある。



今年になってフォーシーズンホテル&リゾ―ツ社との提携契約が終了し、

新たに「ホテル椿山荘東京」としてオープンしたとか。



椿山荘、案内図

この案内板にある様に、起伏に富んだ地形を生かした広大な庭が素晴らしい。

一見の価値はある。


庭全景

ロビーから見える庭の全景は、錦秋の彩りに雅な趣であった。




長い廊下を歩いて、ガラス越しに こんな一枚を写してみた。



この庭は、明治時代に軍人、政治家として活躍した山縣有朋が

1878年(M11)に私財を投じて、通称「つばきやま」を購入し、

和歌を嗜む趣味人でもあり、作庭にも一家言あった山縣本人の指南のもと、

当時の東京を代表する名造園師、岩本勝五郎の手になるものだそうだ。



自然の傾斜地の妙を生かした野趣あふれる造形となっている。



山口県萩の出身だった山縣は、故郷の景観をここに見出し

高台からの眺めに、日頃の仕事疲れを癒したという。



この広い庭に、約一千坪の邸宅を構え、

明治天皇をはじめとする当時の政財界の重鎮を招き

国政を動かす重要な会議を開くこともあったということだ。



先の大戦により邸宅、庭木の大半を消失したという。


椿山荘、紅葉


庭に下りると紅葉狩りをまだまだ楽しめる色合いで

ここから約一時間も掛けて、私のカメラ片手の散策が始まる。



この赤い欄干は白無垢の花嫁の撮影スポットだそうです。


青と黄色のもみじ

まだ柔らかい色の青と黄のモミジも綺麗で見とれる。




歩いているとこんな看板を見掛ける。

東京の狸


なんと、この広い庭に狸が住んでいるという。

然も有りなん・・・・・・

東京在住の狸!

会いたかったが、残念ながら会うこと叶わず。。。。。




青竹の手摺にもみじ


雨上がりの美しい青竹の手摺に、小さなモミジの葉が飾りになって

一番好きな一枚が撮れたかな。



日本的な情緒に溢れたこの庭を三々五々散策する人も多く

外国人の姿もちらほら見掛ける。



階段や坂の多いこの庭をゆっくり散策し

古い史跡など、まだまだ見どころは一杯あり

次回に繋げることとします。



雨上がりのヒンヤリ心地良い空気を纏い

良い「気」を戴いたようで、爽やかなひとときでした。



では、また。










 
コメント
ミルフィーユさん、おはようございます

まぁ、素晴らしいホテルですね。
庭園で狸が出るとは・・・。

ここって東京のど真ん中ですよね。
スゴイ敷地の、素敵なホテルですね。
  • トラ
  • 2013/12/12 9:55 AM
ミルさん おはようございます。

あの手すり紅葉は椿山荘でしたか!
昔は椿山荘、その頃、庭に蛍を放ち夕食を食べながら愛でる
そんな催しに参加したのはまだ小学生だったか?

何時からかフォーシーズンホテルに変わってしまって
やっと本来の名前に戻ったのですね。

それにしても、これほどの名園だったとは!
高級!イメージでただ憧れていましたが一度ランチに
行ってもいいかも? 
宝くじが当たったらお泊りしたいですね。(笑)
  • SOYOKAZE
  • 2013/12/12 10:00 AM
おぅ!ワンダフル♪
最高の時期に行かれましたね。
いいなぁ(^・^) いつも羨ましがってばかりね(*^^)v
『つばきやま』はよく耳にして知ってはいますが
こんなに広くてスゴイですね〜♪
手つかずの自然どころか、たぬき一家も(^.^)
10年前、我が山にもたぬき一家が住んでたのを思い出し
懐かしいです。始め、なんだかおしりの大きい犬がいる!と
思ってよく見たらたぬきだったんですよ〜後ろから小さいのが
2匹ついていたから、「あ〜、たぬき一家!」とびっくり。
その1回でしたが・・・・・\(~o~)/
  • きらり
  • 2013/12/12 10:12 AM
新しくなったのですか 前の椿山荘は行きましたけれど
新しいのは知りません
お庭は前も綺麗でした狸のことは知りませんでした
  • 喜美
  • 2013/12/12 10:34 AM
☆トラさん、こんばんは〜

ここは東京のど真ん中です・・・・・文京区目白通り。
近くには鳩山会館などがあり
起伏に富んだ地形です。
しかし狸一家が住んでいるとは・・・・驚きです。
でも綺麗な湧水が湧きでる所なので、住み心地は良いでしょうね。



  • ミルフィーユ
  • 2013/12/12 7:09 PM
☆SOYOKAZEさん、東京出身でしたね。
小学生の時に蛍観賞会に出られたんですか?
いいな〜〜羨ましい子供時代でしたね。

今でも「蛍の夕べ」というディナーとセットのイベントを
5月中旬頃から催しているようですよ。
湧水が湧くので、あの赤い欄干の橋の辺りから眺める催し、、、、、いいですねェ
素敵なラウンジで(飲めれば)お酒を飲んで
ほろ酔い加減で夏の宵の庭園散策・・・・・

ランチもいいし、宝くじ当たったら行きましょう〜〜(^.^)/~~~

素敵なホテルです〜



  • ミルフィーユ
  • 2013/12/12 7:19 PM
☆きらりさん、こんばんは〜

ちょっと遅めでしたが、でもまだ紅葉が楽しめました。
綺麗でしたよ〜
狸が住めるほど環境が良いんですね。

きらりさんの裏山にも狸一家が?
10年前なら、まだ住み着いているんではないですか?
孫の代になってたりして(笑)



  • ミルフィーユ
  • 2013/12/12 7:25 PM
☆喜美さんこんばんは〜

もとの椿山荘に戻ったのでしょうね。
ここの庭園は名庭として、代が替わっても
大切にされてきたようですね。

狸が住めるほど良い環境が保たれています。
たまにはこんな庭の散策も良いものですね。







  • ミルフィーユ
  • 2013/12/12 7:31 PM
ミルフィーユさん
青竹はここでしたか〜
椿山荘は20年前 義兄が(40過ぎて)結婚式を挙げた場所でした。
紅葉も素晴らしいですね〜
錦絵のような色がとても綺麗です。
写真がいいのかな〜〜

椿山荘って山縣有朋さんの邸だったのですね。
小田原にも「古稀庵(こきあん)」という山縣さんの別荘があります。
今は保険会社の保有になっていますが
日曜にはお庭が解放されているんですよ。
これほどではありませんがやはり素敵な日本庭園です。


  • チカ
  • 2013/12/12 8:34 PM
☆チカさん、青竹の手摺はここでした!

義兄さんが結婚式をこちらで?
良い所ですもの、落ち着いた大人の演出をしてくれそうです。

錦絵のようでしょ?
全景が素晴らしかったです。
そうそう、私も俄か知識ですが、小田原の古稀庵(こきあん)と京都の無隣庵と、こちらで「山縣三名園」と呼ばれているそうです。
古稀庵は近いから行ったことがあるんですね〜
今度、お暇をみて、写真を見せて下さいな。

作庭と言うのも面白そうなジャンルですね。
地下足袋はいてコツコツとやってみたいな〜〜(新境地・・・ww)







  • ミルフィーユ
  • 2013/12/12 9:25 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

訪問の証にポチして下さると嬉しいです。

写真ブログに参加しました

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

☆過去記事一覧☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM