秋の夕陽・森の散歩part

  • 2012.11.18 Sunday
  • 03:51

 

「やがてかなしき」と下につければ
        風景みんな歌になるではないか
                高瀬 一誌



雑木林に秋の夕陽が射しこんで

そこだけ残照に照らされる。

ほんの、短い時間。

雑木林の夕陽

秋の陽は、力なくクヌギや楢を

まるで白骨のように照らし出す。





緑の葉の中に少し色付いた葉が混じるだけで

秋の森は華やかになる。



枯れた芒の間から覗く野菊が咲いて

この季節ならでは、色付いた葉と野の花の共生。

草紅葉

秋の夕日

陽がここまで傾けば

あっという間に暗くなる時間。

池の白鳥

泥の中から小動物を、嘴で啄んでは

眠る前に忙しい白鳥たち。






帰ってゆく森を持たない鹿がいる
        日暮れの街のそこだけが蒼く
               永井 陽子



あの夕陽の差すあたりに街があり家がある。



さあ、明日の為に


眠りにつくために


帰ろう。

コメント
秋の入り日はつるべ落としと言うけれど、秋の山が日の光がだんだんに薄れ、きらりと光った入り日の後は、まもなく暗くなって逝く。
秋の入り日は本当につるべ落としですね。
  • 2012/11/18 5:29 AM
おはようございます。
素敵な散歩コースです。土があるのが良いですね。
私はいつも第二京阪という高速道路の横に出来た歩道を歩いていますので、横を車が通っています。ちょっと味気ないです(笑)。

最後の写真、夕陽が落ちたところが赤く、しばらくは空が白んでいるますね。素敵な一枚です。
  • トラ
  • 2012/11/18 7:25 AM
ミルさん、
いや〜、どこまでも詩人ですなぁ。
最初の雑木林では、
『軽々しいことするな!』と
叫びそうでした。
  • geotech
  • 2012/11/18 10:42 AM
☆功さん、こんばんは〜
日が短くて、4時半くらいには暗くなってしまう
寂しい季節ですね。
秋の日は釣瓶落としとは、昔の人はよく言ったものですね。
尤も、若い方は釣瓶が何だか知らないでしょうけれど・・・・
  • ミルフィーユ
  • 2012/11/18 6:54 PM
☆トラさん、こんばんは〜
こちらは一歩踏み出せばまだまだ長閑な風景が
広がっていますので、土!有りますよ、いっぱい。
第二京阪高速道路の脇が散歩道ですか?
トラさんは賑やかなところにお住まいなんですね。
まあ、確かにちょっと味気ないですね(ーー;)
最後の写真は一度没にしようと思ったけれど
こうして使えば、生きてきますね、有難うございます。
  • ミルフィーユ
  • 2012/11/18 6:59 PM
☆geotechさん、こんばんは〜
え〜〜?どういうことですか?
博士!怒っているのか、褒めているのかどっちですか〜?
統一してくださいな。

でも、きっと褒めているに違いないと思い込むのが私の良いところ。
ありがとう(=^0^=)
  • ミルフィーユ
  • 2012/11/18 7:03 PM
ミル姫こんばんは。
つくづく姫はいい所にお住まいやと思います。
私はあっちの仕事、こっちの仕事に忙しく秋から冬に変わっても
気が付かないで過ごすことと思います。トホホ
  • hanahana
  • 2012/11/18 7:34 PM
☆hana姫、こんばんは〜
そう言われてみると、確かに良いポジションだな、と思います。
里山あり、少し足を伸ばせば海有り、昨今の地球温暖化に因る夏の暑ささえなければ、本当に良いところ。

>私はあっちの仕事、こっちの仕事に忙しく秋から冬に変わっても気が付かないで過ごすことと思います。トホホ

この不況下、お仕事があるだけ幸せ者です、きっと・・・・
斯く言う私も少し前まで働きづくめで来ましたから、最近少し間が抜けていますです(๑≧౪≦)
hana姫の場合は季節感溢れるお料理で、季節を感じさせてみんなを幸せにして下さいな!
  • ミルフィーユ
  • 2012/11/18 9:14 PM
とっても暮れなずむ秋の情感が・・・・・
カッコいいな♪
しばし自分も詩人になったような気がしました。
贅沢な一時をありがとう♪
  • きらり
  • 2012/11/19 9:42 AM
☆きらりさん、こんばんは〜
近所の公園で、秋を満喫できる果報を感じます。
何気ないものたちを見ているだけでホント!贅沢なものですね。

  • ミルフィーユ
  • 2012/11/19 9:15 PM
ミルフィーユさん  こんばんは〜

 写真を順に見ていくともう何も言うことはありませんね。
暮れなずむ秋の風景が詩的に感じさせてくれるので
ミルフィーユさんの言いたい事が伝わって来ました。
貴女様は二面性を持ったお方ですね〜
  • レチチア
  • 2012/11/19 9:17 PM
ミルフィーユさんの近くも、自然がいっぱいなんですね。
野の花と共生の写真は、まるで着物の柄みたい。
とっても奇麗です。
自然の中だ咲く花や色づいた葉は、やっぱり素敵です。
控え目だけど好きだなぁ・・・
  • まこ
  • 2012/11/19 9:34 PM
こんばんは。

カッコいい言葉は言えませんが

哀愁漂う秋の詩って感じで画像と文言がピッタリ。

いやもう素敵です。
  • でこぽん
  • 2012/11/19 10:22 PM
☆レチチアさん、こんばんは〜
季節の移ろいは早いものですね。
もう晩秋、ですね・・・
伝わりましたでしょうか?秋が。
二面性、確かに。
笑ったり、泣いたり、張り切ったり、はたまた時雨れてみたりと忙しいおばさんです(>_<)
  • ミルフィーユ
  • 2012/11/19 10:43 PM
☆まこさん、こんばんは〜
我が住む所は自然がいっぱいで、でも飛鳥のように洗練されてはいない、土着という言葉がぴったりかもしれません。

>野の花と共生の写真は、まるで着物の柄みたい。
 控え目だけど好きだなぁ・・・

まこさんは染色をなさるから、目のつけ所が、絵画的ですね!
私も、こんな何気ない、きらびやかではない着物の柄とか、やはり好きです。

  • ミルフィーユ
  • 2012/11/19 10:49 PM
☆でこぽんさん、こんばんは〜

画像と文言、ぴったりに合ったときは嬉しいものです。
地味な仕上がりの写真でも、それ一枚でどうこうではなく
こうして、「詩」と合わせてみると、急に生き生きとしてくるから不思議です。
訪問有難うございます(⌒▽⌒)
  • ミルフィーユ
  • 2012/11/19 10:53 PM
自然の中での歩きが静か過ぎる野原、
作者は詩人の装いです。
  • mariji3
  • 2012/11/19 10:59 PM
☆mariji3さん、こんばんは〜
山行きもそろそろ、冬に突入ですが、この季節ならではの
美しさがあるでしょうね。
自然の中では、みんなちょっとだけ詩人になりますよね。
  • ミルフィーユ
  • 2012/11/20 10:10 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

訪問の証にポチして下さると嬉しいです。

写真ブログに参加しました

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

☆過去記事一覧☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM