「ワンコ」と「にゃんこ」まみれの一日でした。

  • 2018.02.01 Thursday
  • 19:26

 

 

 

大ちゃん♂

 

 

四国に住んでいる友人のUちゃんは、高齢のお母さんのため、

 

年数回は里帰りします。

 

その時は四国でずっと仲良しだった、

 

そして今は千葉に住むYさんと三人で

 

ランチをして、一日ゆっくり遊びます。

 

友人の実家のワンコ(本犬は人間だと思い込んでいるらしいとか、、)

 

大ちゃんがお見送りです。

 

「お出かけ?」って、言っているようです。

 

 

「大ちゃん、こっち向いて〜」と声をかけると

 

助手席の私に、ちゃあんとカメラ目線で応えてくれます。

 

愛らしいお顔に胸キュンです。

 

車に乗り込んだ友人を追って、少し着いてきます。

 

 

この先は、T字路。

 

心配する私に、友人は言う。

 

16歳の大ちゃんは、生まれてこの方、

 

ここから先へ、一人で行ったことは無いから大丈夫!と。

 

 

 

 

久し振りの私たち三人は、美味しいマグロを食べさせてくれるお店へと

 

ランチに行く約束です。

 

マグロの情報も書きたかったのですが、

 

なにしろ、ワンコとにゃんこの写真がいっぱいで

 

お見事だったマグロについては、また次回にします、、、

 

 

 

 

 

ランチを終えて、仕事がお休みのYさん宅へ行って

 

ゆっくり午後のティータイムです。

 

 

ワンコのララと、三匹の猫ちゃんに歓迎されて、私はこの子たちに会うのは一年半ぶりかな?

 

 

美猫に成長した雌猫さんです。

 

 

もう一匹いますが、子供の頃から人が苦手な「みぞれちゃん」は、どこかへ行ってしまいます。

 

 

 

ある雨の夜、スーパー袋に入れて捨てられていた三匹を拾ったのはYさんの娘さんでした。

 

大きくなるこの子たちを見ていて、

 

Yさんは一軒家を買う決断をしました。

 

女手一つで娘さんを育て上げた、肝っ玉母さんですが

 

以前ブログでご紹介したことが有ります。

 

2012年9月6日「猫のお陰で買った家」

 

http://bousoukara.bousoukara.boo.jp/trackback/362

 

 

 

 

 

Uちゃんに、ねえねえとばかりに手をかけるララです。

 

 

ホットカーペットの上で、まったりさせて戴きました。

 

 

ララちゃんの仕草に、耳をひくひくさせるにゃんこちゃんでした。

 

 

 

 

ララが散歩でいつも行く、市原市総合公園、上総更級(さらしな)公園へと。

 

 

 

鴨のエサ取りシーンが面白い。

 

 

紅梅も咲き始め、良い香りがあたりに漂っていました。

 

 

白梅の方が少し遅いですね。

 

 

お散歩中のノエルちゃんが可愛くて、Uちゃんが連れているお父さんに声をかけて

 

私が撮影させていただきました。

 

後で写真頂戴ね、、、って、Uちゃんは動物なら何でも好きな人です。

 

 

美形で可愛いですね。

 

12月生まれなので、ノエルちゃんだそうです。

 

 

 

 

にゃんことワンコまみれの一日を過ごしました。

 

こんな時間もいいなあ、、、、

 

 

 

二人は、まふだまだ現役で仕事をしていますので、

 

焼き物の旅の相談も、私は二人に都合を合わせます。

 

ねえ、ホントに行こうよ、、、、って。

 

実現するのは今年かな、来年かな。

 

 

 

では、次回は見事なマグロの写真をド〜ンと見て下さい。

 

 

 

 

 

しあわせなケンカ

  • 2018.01.21 Sunday
  • 18:04

 

 

 

姉の飼う二匹の猫たちは、私にとっても身近な存在で、

 

行けば必ず、尻尾をピンと立てて、私の足の周りをクルクルと周り

 

頭をすりすりして、好き好きオーラを発してくる。

 

 

平成19年から、姉の家にいるので、もう10歳を超えました。

 

マヤリン(♂)です。

 

 

不細工な目覚めの顔ですが、、、、

 

歳をとって、輝きが下り坂なのは人間と同じね。

 

 

でも、私にとっては小さな可愛い甥っ子です。

 

 

一匹では寂しいだろうと、後から飼ったマオ(♀)ちゃんです。

 

 

痩せて小さな仔猫でしたが、元気が良くって、

 

最近はふっくら、美猫になりました。

 

 

アメリカンショートヘアーは、日本猫と違って、あまり人にべたべたしないんですね。

 

 

でも、姉にはべたべたしてくるようで、可愛いくって!!♪

 

と、いつも聞かされています。

 

歩く宝石、とまで二人はそう思っています。

 

 

 

もっと綺麗な猫ちゃんは、世の中にいっぱいいるでしょうけれど、

 

家の仔が、一番!可愛いと思うおバカさんが、世の中溢れているんですよね〜〜

 

だから、大事に生かされているんでしょう。

 

 

そして、外のパンジーの傍にいつもウロウロ、

 

大きな木の下で眠っている外猫さんが二匹。

 

 

黒ちゃんの方は用心深くて、近づくと逃げてしまいますので

 

不鮮明な画像ですが、ガラス越しの兄弟のノラちゃんたちです。

 

 

 

近所の車の修理工場が廃業した折、

 

庭に住み着いていた10数匹が、それぞれ近所の家の庭を住処として

 

散っていったようです。

 

 

 

その二匹のうち、白ちゃんが、昨夏のこと皮膚病にかかり

 

姉は、嫌がる白ちゃんをケージに入れて動物病院へ連れて行ったそうな。

 

何だかんだと、約8万円の出費だったそうで、

 

家のマイキー(初孫)の入院費用位??でしたね。

 

 

 

義兄は、旅行に行けたのに、、、と、ぽつりと言って

 

夫婦喧嘩をしたそうで、、、、、

 

 

 

酷いでしょ?そんなこと言うのよ、、、、、

 

って、、、、、気持ちはわかるなあ、、、、、

 

義兄に一票(=^・^=)って、私まで怒られそうだけど

 

 

 

考えてみれば幸せなケンカね〜〜(笑)と、言っておきました。

 

 

 

あら、そうお?

 

ふふっ

 

 

 

満更でもなさそうな。

 

 

雪の降った日に、家に入れてあげたら、

 

狂ったように、玄関ドアの前で泣き叫び続けたので

 

仕方なく寒い外へ出したとか。

 

 

外で生まれて育った猫達にとっては、家屋の中って居心地悪いんでしょうね。

 

と、いう訳で、姉宅に行くと4匹の猫たちに会えるのが

 

何よりの楽しみです。

 

 

 

たまに登場しますね、、、、、マヤリンとマオ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避難の猫

  • 2017.06.30 Friday
  • 00:57

 

 

姉の猫たちが遊びに来た。

 

と、思っているのは私だけで、

 

当の猫たちは災難に遭ったような、驚きのお出かけ(笑)に過ぎないだろう。

 

 

来ていきなり、マヤリンはドアに突進して「帰る〜〜」と叫ぶ。

 

 

姉に向かって、「あけて〜〜、あけて〜〜。」と言っているに違いない顔。

 

 

どんなに騒いでも、今日はあと数時間ここに居るしか無いんだよ(>m<)

 

うろたえているマヤリンを見て

 

私は可笑しい、嬉しい、おもろい、、、、(=^・^=)

 

ゴメン!少しハイになっている。

 

 

 

夏を迎える準備に、姉宅では、バルサンを炊く。

 

数時間、私の所へ避難してくるのが恒例である。

 

姉はペットのいない我が家に、けものちゃんを連れて来て、

 

悪いわね〜〜と言うが、私は大歓迎である。

 

 

雌猫のマオの方は、落ち着いている。

 

 

他所の家でも、餌を食べ、水を飲み、すぐ寛いだ表情をする。

 

人間も動物も、女は環境に慣れるのが早いのだろうか。

 

マヤリンの大騒ぎとは対照的だ。

 

 

大分経って、ようやく落ち着いた。

 

 

新品の毛布を彼らのために初下ろししたが、毛布は要らない様だった。

 

 

眠る前、一瞬きりりとした顔を見せてくれた。

 

窓外の小鳥を見ている時は凛々しい。

 

数年前のブログ、やはり「緊急避難の猫達」2011.7.15に書いたものを

 

宜しかったらご覧下さい。

 

http://bousoukara.bousoukara.boo.jp/trackback/216

 

(上のURLをクリックしても記事が出ない場合は、お手数ですが

このブログの向かって左側にある、

<search this site>の蘭に入力してみて下さい m(__)m

 

 

 

 

                      もう時間が経ってしまいましたが、

 

五月に岩合さんの猫展を見に行き、

 

そこで買って来たリングホルダーです。(指輪の乗っている方。)

 

 

手前の猫も、尻尾がリングホルダーになっています。

 

岩合さんの絵葉書は、真冬の猫。

 

降る雪を、手で捕まえようとする姿、その眼差し。

 

何とも言えず、岩合ワールドいっぱいです。

 

 

来年もバルサンを炊く初夏が楽しみです。

 

日本猫と違って、あまり抱かせてくれない

 

ツンデレなマヤリンでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鎌倉のリス

  • 2017.05.11 Thursday
  • 21:01

 

 

鎌倉には以前から、リスが沢山いて

 

寺社仏閣を散策していると良く出会いますね。

 

お茶をしていたら、お団子をさらわれた、なんて話も良く聞きます。

 

 

先日、鶴岡八幡宮で出会った、可愛いリスたちです。

 

 

牡丹園へ行こうと歩いていると

 

 

外国からの旅行者も、皆笑顔でカメラを向けていました。

 

 

アーモンドを両手でしっかり持って食べる姿が可愛くて

 

暫く見惚れていましたよ。

 

 

 

ただ、それだけの事ですが、

 

 

沢山写真を撮ってしまいました。

 

アーモンドを食べるのが、とっても早いんです。

 

一個食べるとまた、その男性の方、上手に手に持たせてあげて (*^▽^*)

 

可愛い姿に、立ち止まってみんなが笑顔。

 

 

 

 

ちょっと、写真の整理に手間取っています。

 

江の島編のつなぎに、ちょっと休憩中です。

 

 

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

【Chama】〜〜☆チャマ!だよ☆

  • 2017.03.16 Thursday
  • 21:46

 

 

姉一家は、部類の猫好きです。

 

モチロン、私も猫好きですが、

 

甥っ子たちも、かなりの猫好き(=^・^=)

 

甥っ子は最近、子猫を飼い始めたと聞いてはいましたが、、、、!!

 

 

大事そうに抱っこして (#^.^#)

 

今年の誕生日が来て、40歳にもなるのね〜〜(甥っ子の事です)

 

そりゃあ、おばちゃんも年を取る訳だわさ。

 

 

いや〜なんて可愛いの

 

 

エキゾチックショートヘアと言うんだそうです。

 

12月生まれの3か月半で遊び盛り

 

男の子です。

 

 

甥っ子から、この写真をLINEで貰って、

 

若い娘っ子のように、キャアと騒いで、少し呼吸困難に陥りました。

 

 

ブサカワって、言うんでしょう?

 

こういう子の事。

 

 

Chamaの写真のブログ掲載を、

 

快くOKしてくれた甥っ子は、「有名猫にしてくれ〜」と(笑)

 

 

なるなる〜〜って、安請け合いした叔母ちゃんでございます。

 

 

私ってば、結構ケチだったのかな。

 

3枚づつ、チョビッとづつ公開しようと思ったんですが!!(笑)

 

ド〜〜ンと、名実ともに太っ腹に

 

甥っ子から貰った写真、全部掲載と致します。

 

 

猫好きなお方の皆さま

 

悶絶して下され。

 

 

どう?ですか。。。。。

 

この きゃわゆさ

 

 

なんか、言葉遣いまでおかしくなってしまった私でした。

 

また会う日まで〜〜Chama.。o○

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネコ・ねこ・猫な時間〜岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」

  • 2016.08.17 Wednesday
  • 16:34

 

 

前回のブログに、横浜で「ラッキーなこと」に遭遇した、と

 

書いたのですが、実は な〜〜んだ!

 

猫の写真展に偶然出くわした話です。

 

 

 

赤レンガ倉庫での、凄まじいまでの混みように

 

ほうほうの体で、横浜駅まで辿り着いた私たち三人は

 

取り敢えず、冷たい飲み物をと、和の喫茶店「椿屋」さんで

 

冷たい珈琲や、かき氷で一息つきました。

 

 

火照った喉越しを通過する、冷たいかき氷の

 

なんと美味しかったこと!

 

 

 

 

そのあと、

 

千葉では見逃してしまった、岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」を

 

見ることが出来ました。

 

 

 

青森県津軽地方にて、一年かけてネコと人の暮らしを追った、

 

日本の原風景に出会える写真の数々は、

 

猫好きならずとも、人を魅了して止まないのではないでしょうか。

 

 

 

美しい自然、

 

厳しい自然、

 

優しい自然

 

 

 

 

収穫したリンゴの上に、大の字に仰向けになる猫。

 

雄大な山を背景に、タンポポの群生する野原を闊歩する子猫たち。

 

真っ赤に色づいたリンゴの木の上で、遠く空を見上げる猫。

 

深い雪を、掻き分けるというより、泳ぐように歩く猫。

 

何だ、こんな雪!と言わんばかりの強烈な眼差し。

 

 

 

子猫が可愛いのは当たり前。

 

猫好きな私も、数枚の絵葉書を

 

机の前に、その気分次第で掛け替えている。

 

 

 

 

あら〜お腹見せちゃって、、、フフ、という可愛さ。

 

でも、岩合光昭さんの写す猫たちの逞しさは、

 

なんとも言えず、悠然としていて魅力があるのです。

 

人間でいえば、ちょっとマッチョな硬派の男性。

 

そんなイメージでしょうか。

 

それが逆に可愛いのです。

 

悠然、泰然、小生意気、etc

 

 

 

 

 

私も買えば良かった!と後悔した、友達が買った絵葉書です。

 

 

 

 

猫グッズ売り場に、私たちは、あっちこっちにバラけて

 

どれだけの長い時間、滞在していたんだろう。

 

それぞれが、それぞれのmyネコグッズを探して(=^^=)

 

 

 

私が買った猫グッズです。

 

 

いい歳して、こっぱずかしい限りですが、可愛いでしょ?

 

猫がペンちゃんのお手々を繋いで、お散歩しているなんて!

 

にやけながら、選んでいたと思います。

 

隣のおばさんが私に気づかず、にやけながらグッズを見ていたから

 

きっと私も、この締まりの無い顔を何方かに見られたに違いない。

 

一言でいえば、ネコキチが集結していた空間でした。

 

 

窓の外を見つめる横顔は、愁いを帯びて、

 

もう、食べちゃいたいくらい可愛い!

 

これは私の好み、ド・ストライクゾーン、しかもド真ん中です!

 

上の写真の猫ちゃんの絵葉書と、なんと!文庫本カバーを発見!

 

迷わず、買いましたとも。

 

 

 

文庫本にかけたこのカバーを

 

ひっくり返して

 

文庫を読まずに、カバーを眺めているおばさんが居たら

 

それは、きっと私です。

 

 

 

 

赤レンガ倉庫が、殺人的に混んでいたから遭遇した

 

超ラッキーな出来事。

 

満足しきった私たち三人でした。

 

 

 

その夜は、Uちゃんと二人

 

「カラバ侯爵邸」(三匹の猫より)と呼んでいる、Yさん宅に泊らせて頂きました。

 

旅行以外でよそのお宅へ泊ったのは

 

結婚以来、初体験の私です。

 

 

 

2012年にブログでご紹介したことがありました。

 

 

2012年9月6日付「猫のお陰で買った家」をご覧ください。

 

ある雨の夜、レジ袋の口をキッチリ絞めて、捨てられていた3匹の子猫を

 

Yさんの娘さんが拾ったのがきっかけで、

 

彼女は家を一軒買いました。

 

 

 

 

大きくなった猫たちと久しぶりに対面しました。

 

 

四国の名物、灸饅の包装紙を丸めておもちゃを作ってあげました。

 

縞模様のトラちゃんです。

 

 

人懐こくてカメラ目線をくれる「ハチ」です。

 

炭水化物を、朝は摂らない厄介な私のために、

 

Yさんが、ささっと出してくれた朝食です。

 

 

 

いやあ〜楽しかった〜♪

 

前回のブログの、人間が決めた時間以外の時間って

 

つい、きつく縛られていた心が、ふんわりほどける瞬間を、

 

もっと味わいたくて

 

ゆるく、いつでもオプション、どこでもオプション、

 

そんな風に、気の向くままの時間を楽しみたい点で、意見が一致。

 

また、ゆるい時間を共有しましょうね、お二人とも。

 

 

 

 

では、また〜〜(=^・^=)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸キュン(^^♪

  • 2015.12.07 Monday
  • 10:24

忙しかった姉と、やはり、そこそこ忙しかった私は
 
久し振りのランチに出かけました。
 
そのランチ画像では無く、姉から猫たちの画像をLINEで送って貰い、
 
ルンルン気分です。
 
いきなりのお尻を、失礼!
 
これは、我が愛しのマヤリンの後ろ姿に違いありません。
 
愛しいものは、顔なんか見なくたって分かるんです!



 

まどろむマヤリン、、、、、マグロやハムが大好きなマヤリン。
 
痩せなくたっていいから、そのモフモフの身体、
 
いつまでも手触りの良いマヤリンのままでいて。
 
おデブのマヤリン、私は貴方のその姿が、様子が大好き(#^^#)




 
最後は、マオちゃんの寝顔。
 
丸顔の猫が好き!
 
赤ちゃんも、子供も猫も、寝ている時の顔って、
 
なんて可愛いいんでしょうね。
 
胸キュン画像でした。


 
では、また〜〜


 

目で語る

  • 2015.08.10 Monday
  • 22:25


ここ2〜3日は、幾分涼しくて凌ぎやすい暑さでしたね。

猫たちも、モフモフの毛皮が夏は恨めしいのでしょう。




先日の朝のこと。

まだ、ベッドでまどろんでいた姉の首筋を、チョンチョン、とつつき

マオちゃんが起こしに来たそうです。

姉は餌が無くなったのかと思い、起きてゆくと、お皿には

たっぷり入っていたそうで、かと言って水でもなさそうで、、、「??」

こっちこっち、と言わんばかりに居間へと姉を誘導し、

エアコンを見て、姉の目を見る


そしてまた、エアコンを見て姉の目を見る、という動作を

二度繰り返したそうで、エアコンをつけてやったら、

マオちゃん、やっと満足したようで(=^・^=)

マオちゃんてば頭がいいのね〜〜と、それを聞いて私も感心してしまいました




人間で言ったら、何歳くらいの知能なんでしょうね。



片や、我が愛しのマヤリンはとっても暑そうに、くの字に曲がって寝ていたようです。










何か、噂でも?



いいえ、貴方のそういうところが好きだわァ



しっかり者のマオちゃんがパートナーで、良かった良かった(>m<)



この暑いのに、暖かそうな画像をお見せしてしまいましたね。




鳩居堂で買い求めた「夏団扇」です。

とある女に、残暑お見舞いとして送ろうかと思って出してみました。

気に入って買ったけれど、仕舞っておいても生かされないですものね。



お盆が過ぎれば、夕刻からは涼風が立つはずでした、昔は。

また少し暑さがぶり返すようで、皆さんお気をつけ下さいね。



では、また。









 

古い記事で恐縮ですが、、、、、(猫話)

  • 2015.06.09 Tuesday
  • 09:51


SNSのナビ仲間の、Mさんの愛犬を見送ったお話から、

自分の思い出話で相済みません、、、、

もう20年になりますか。

愛猫を見送った時の古い記事ですが、丁度亡くなったのが6月1日。

命日なのに何となく過ごしてしまったので、思い出させてくれたような気がして。

古い記事ですが読んでください。

2012.06.04「お手とおかわり」をする猫の話
http://bousoukara.bousoukara.boo.jp/trackback/324




Mさん、お名前出すこと、事後承諾でごめんなさい。

動物って生きている間はいっぱい慰めてくれた、

そのお別れは、泣けますね(/_;)





 

寛ぐマオとマヤリン

  • 2014.10.01 Wednesday
  • 22:39
 

先日の、お天気の良い日の空は、

もうすっかり、天高く馬肥ゆる秋の風情でした。





足を怪我した姉の後を追って、私もちょっと足を痛めました。

姉宅で、猫達と過ごす午後は、

猫のゆったり感にすっかり包まれて

極上の時間です。



猫に遊んで貰っていると、時間の経つのがとっても早いんです。



かご猫をするマヤリンは、一見不機嫌そうな顔に見えますが



これでも、私を大歓迎してくれている顔なんです。
(信じられないでしょうけど・・・・・)




姉は「二人」、と呼んでいます。

二人とも遊び疲れてお腹を見せちゃって(=^・^=)



で、こちらはマオさん(♀)です。

少しふっくらしたシルバータビ―のマオと、

少しダイエットに成功した?ブラウンタビ―のマヤリンでした。




新米の美味しい季節ですね。



好きなものは炭水化物。

嫌いな言葉は、炭水化物(>m<)



マヤリンを見習わなくては。





calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

訪問の証にポチして下さると嬉しいです。

写真ブログに参加しました

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

☆過去記事一覧☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM