夜桜

  • 2013.03.28 Thursday
  • 09:38




何十年振りの夜桜だろう。



東金市の八鶴湖畔の桜祭りは、27日から始まり、

偶然訪れた昨日は初日で

屋台が出てはいましたが、

生憎の小雨模様と寒さで、まばらな人出でした。



しかし暮れなずむ頃、ライトアップが始まると

芽吹き始めた柳の柔らかい葉は

緑色の光に浮かび上がり

薄らと淡いピンクの桜との対比がが妖艶で、

それはそれは綺麗でした。







湖の周りを一周してもさほど大きくは無いので

そぞろ歩きには丁度良いほどの距離をぶらぶらと、

何処から見ても、たったこれだけの光景を

あちらの岸から写してみたり

こちらの岸から写してみたり

夜桜・八鶴湖

・・・・・・・堪能しました。




徳川家康の鷹狩の為の(表向きは)御殿跡に建つ

県立東金高校(二枚目の写真の建物)は、

佐倉から続く御成街道の終着点にあり、

明治18年に建築された八鶴館の古い建物の存在が

ここ八鶴湖畔に

更なる趣を与え

こうして夜間訪れる機会など無い身には

夜桜見物で、昼間に見える顔とはまた違う

光に浮かび上がる削ぎ落とされた光景も

味わいがある。




晴れていたら、どれ程の写真写りだったろうと思いながら
(独り言です・・・・)




テントの中から聞こえる演歌や

少し音程の外れた若いお兄さんの歌声が

少し侘びしい。

・・・・・・・・・・・




どこもきっと、ここ一週間が見頃でしょうね。

今年の入学式は葉桜でしょうか。







リハビリと言いつつ

また桜を見に少し歩きましょう。

では、また。


房総からの梅便り

  • 2013.02.01 Friday
  • 10:00

 
昨日は麗らかな陽射しに誘われて、探梅としゃれてみました。



風も無く穏やかな公園には、

小さな子供達や年配の夫婦連れや

愛犬の散歩やら、いつもの光景です。



探梅の本来の意味は、

梅はまだ咲いていないのだろうか、と幽山に分け入って

一輪二輪咲き始めた今年初めての梅を

探しに行くことだそうですが、

公園の中の梅林を目指して、インスタント探梅にいざ!



途中、展望台から杉花粉状況をチェックし〜(ーー;)

もうスギ花粉による鼻炎が始まっているようですね。

見渡せば杉の木が赤っぽく染まっています。

残雪

日陰には先日来の雪がまだ残っている中、

もぐらの跡

モグラ君のお仕事の跡が点々と続いて、



ああ、もうすぐ春ですね。





梅林に到着すれば、咲いていました、紅梅がチラホラ。

紅梅 1

紅梅 2

昨年もこんな写真だったと思うけれど、

今年は今年の

咲き始めの一輪、二輪に出会うと

また嬉しいものです。

白梅の蕾

白梅の蕾も大きく膨らんで、あともう少しで咲きそうです。

白梅

白梅一輪

一本の木に数輪チラホラ咲き始めたところです。





青空を背景に、ポツンと咲いている姿は健気に見えてきます。



ガンバレ〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))



コブシの蕾

大きな木の先に猫柳の様に柔らかい毛に覆われた蕾。

一体、なんの木だろうと思ったら、

ヒメコブシと書いて有りました。

コブシの木

枝の先に沢山のキラキラ光る蕾を付けて

春をおおらかに告げてくれるコブシの花。

好きな花です。

綺麗でしょうね。

咲いた頃、また見に来ましょう。




寒さもあと少しです。

では、また。



お花見 「杏の花」が綺麗な長柄ふるさと村です。

  • 2011.04.09 Saturday
  • 23:28

 花冷えの土曜日、桜の開花が例年より遅れ目ですね。

長柄ふるさと村では 杏の花 がいま、とても綺麗です。

今日は「杏の花」の写真を幾つか、見て下さい。



辛夷を遠景にピンクの可愛い花が見頃です。



杏

ふるさと村

もう、何も言わずに杏の花だけを見て下さい。







杏と辛夷

千葉は暖かいので、水仙が咲き、梅が咲き、・・・・・と

順番に春を告げて行きますが、

北国の春は一斉に、花がほころび


話には聞いていたけれど、その昔、


5月の白馬村(長野県)を訪れた時に、



桜、木蓮、辛夷、雪柳、連翹、芝桜、水仙、杏、桃・・・・と



雪が解けた北国で、色とりどりの花々に 行く先々で出逢い


くらくらするような美しさだったことを思い出します。





北国に春が訪れるのも、もうすぐ。


4月4日、月曜日の朝日歌壇より

頑張ってねむなしきことと思えども
        他に言うべき言葉なければ
                    
                     (神戸市) 川口 史郎

雪の傍には桜が咲いて・・・

  • 2011.01.26 Wednesday
  • 22:47

一年で一番寒い季節ですね。

雪にはビックリでしたが、

昨日は残雪と桜が一緒に撮れました。

銀杏の裸木

小中池、桜の裸木

裸木の清々しさを好む人は多いですよね。

小中池

ここは山武郡大網白里町の小中池。

いつの間にやら、九十九里国定公園だったのですね〜〜(もう、だいぶ前から・・・)



逆光で綺麗に写せませんが、陽射しが暖かく、静かで、のどかな風景です。

お正月太り解消にマヤりんママと3000歩程のウォーキングをしました。

この夜、また歩き、合計7000歩程歩きました。

この程度で痩せやしませんが、歩かないよりはましかな?

焼け石に水ですが・・・・・

先日の雪がまだ解けずに、桜の木の下に残っていました。

雪と桜

残雪と桜を一緒に撮れるなんて・・・・(手前の白い部分が雪です)

戦場カメラマンなら、ここで、寝転んで木の天辺まで入れるんでしょうね〜

1月25日の桜

思いがけず、桜に出逢えて、桜ってこんなに可愛いかったの?・・・・

と、あらためて思ってしまいました。

この寒さの中、1〜2割ほど綻んで、澄んだ空気の中、

淡いピンクが晴れた空に映えています。



風もなく、カモ達が長閑に日向ぼっこしています。



昭和の森の展望台(左上)からは、お天気の良い日は

はるか彼方に、九十九里の海まで見えて

日の出ポイントとしても有名な場所ですね。

小中池、スライダー

超ロングなスライダーが有り、大人もちょっと、チャレンジしてみたくなりませんか?

あ、でも、おしりの下に段ボールとか、

スライダー用の敷物
を用意しないと

これだけ長いので、摩擦熱でズボンが破けてしまいますので・・・・

要注意!



お散歩中の地元の80代の、おばあちゃん達としばし歓談し

お互いに「年には見えない・・・・若い、若い。」と、
褒め合い??  

「あんたたちは、年よりも10歳若く見えるさ!」って言われて
結構、イイ気分ってことは、年をとった証拠 ・・・・ 



お不動様を覗いて、



二分咲き、緋寒桜

小中池で、ひと足お先のお花見は如何ですか?





寒くても、外に出たら、

季節外れのお花見が出来ました。


あやめは終わり、睡蓮の咲き始め

  • 2010.06.26 Saturday
  • 21:32

 デジカメを壊してしまい、修理を見積もってもらったら¥9,800−、

もう5年間、使っているから神様が買いなさいって言ってると

夢のお告げで聞こえましたので、 買いました 



「軽くて、操作が簡単で、衝撃に強くて、
老眼の私でも、綺麗に写せる、安いの下さい。」



と言ったら、ヨドバシのお兄さん、少しも動ぜずチョイスしてくれました。


それでこそプロ 



今日は初写しです

昭和の森あやめ木道

昭和の森のあやめはもう、そろそろおしまいです 

あやめ・濃いブルー

ケチって、安いの優先にしたので、拙者には接写が難しい 

鯉と亀

蒸し暑さにカメも、辟易かな 

亀の甲羅干し

亀だけに、逃げずにカメラ目線です  



モネの様な睡蓮です。
 目から、涼しさをどうぞ 

睡蓮・ピンク

 この季節、 次々と咲くいろいろな花に当分、楽しみが続きます  



人間、ささやかな楽しみを見出して、

一日、一日 生きてゆけるものですね。









あじさい

  • 2010.06.19 Saturday
  • 22:50

 

梅雨の間はあじさいの色が刻々と変化してゆくのが楽しみですね。

毎日の、通学路や通勤路で出逢うあじさいが少しづつ色が濃くなっていくのを

密かに楽しみにしている方も多い事と、思います。



この濃いピンクの珍しい、あじさいの写真

昨年「あじさい屋敷」で写しました。



服部農園あじさい屋敷
茂原市三ヶ谷719
TEL:0475−24ー8511




今の時季は観光バスも来ていて、

千葉・房総の新しい名所として有名になって来ているようです。




「あじさいにバイロン卿の目の色の
        宿りはじめる季節と呼ばむ」
                             大滝和子



バイロン卿の目の色は、きっとこんな深い青、ですね。大滝さん。



こんな紅いあじさいも又、綺麗です。



なかなか、育てにくい品種の様で、枯らしてしまったことも。

うっとうしい梅雨の季節、せめて花見でもして暑気払いをしてみませんか。

薔薇「ひとりの名をば母に告げたり」

  • 2010.05.27 Thursday
  • 22:05


 昨日は我が家は定休日。



長女、シフォンと次女マロンに誘われ、

薔薇を見に、市原市蔵波という所の薔薇の専門店

[Plants]へ行ってみました。
TEL:0438−63−4008




四季咲きのものはあっても、やはり今が一番の季節。



満開の薔薇の花言葉は、 「私は人妻」

バラのPlants

奥にはドッグランもあり、イタリアンレストランも盛況で、

生麺のパスタがモチモチした歯ごたえで、美味しかった・・・・

真紅の多弁薔薇

ダークピンクの薔薇の花言葉は 「感謝」



真紅の薔薇の花言葉は、 「誇り高き愛・情熱」



白薔薇は 「心からの尊敬・清純・恋の吐息・・・」

黄色いバラ

黄薔薇は 「友情・嫉妬・あなたには誠意がない」

アンジェラ

ピンクの小ぶりの薔薇の名は 「アンジェラ」

花言葉は、美しく上品な少女




次女マロンの健康も回復し、遅ればせながら、

母の日のプレゼントをと言う訳で、

このドイツ生まれのアンジェラを有難く我家に連れ帰ることに。




日本中が薔薇、ばら、バラの季節で

少しも珍しくはない画像ですが

ひとたび、薔薇に心を奪われると庭中、薔薇で埋め尽くしたくなるものらしい





薔薇の花言葉は、「愛」




わたくしの好きな歌を一首。



春の夜のともしび消してねむるとき
ひとりの名をば母に告げたり
(土岐善麿、作)




春の宵、息子は母に結婚しようと言う相手の名を告げる



灯を消して、少し照れながら。


静かな闇が広がるばかり



女性は、この薔薇達のいずれにか似ていたのだろう











牡丹・ぼたん、茂原牡丹園です

  • 2010.05.04 Tuesday
  • 13:35


 行ってきました。茂原牡丹園。

一昨日の映像です。
茂原牡丹園の入口

ぼたんと日傘

茅葺屋根

業種は違うけれど、自営業の友人と、束の間の休憩時間を共にしました。

自営業の奥さんと言うのは、普段はゆっくり時間が取れないもので

こうしてGWに連れだって出掛ける事もなかなか、無いものです。



艶やかな薄紫の花を見ても



小ぶりの黄色い牡丹を見ても



大手毬にはなみずきと百花遼乱に少し酔い



豊かな白もまた、美しくて・・・・

彼女も私も、ひとつづつ

小さな歓声を上げながら

花に酔いしれて回りました。



友人も私も、大切な人たちを、

ここ数年のうちに幾人か見送り

肩越しにその大切な魂達も一緒に見てくれていると、勝手に思い

二人とも、心の中で「ほら、綺麗でしょ?」と語りかけていたの、

と同時に言葉を発したものです。



疲れた体も心も少し癒されたような気がして

心から、軽くなったように感じました。

花の力は偉大です。


今年は寒い日が多かったせいか、

まだまだ花の時期は続きそうです。




茂原牡丹園、今年も大きな牡丹がもう咲き始めた

  • 2010.04.26 Monday
  • 15:32

 
今日は、久し振りに気持のよい天気ですね。

仕事で、お客様とランチをした帰りに、知り合いのお店に立ち寄ったら

きれいな牡丹が飾ってありました。





別名、「花王」とも呼ぶそうです

豊かな 花弁が重なり圧倒されそうな存在感。



母が生きていた頃、「そろそろ、牡丹が咲く頃だね。」と

毎年のように催促されては、花を見に良く行ったものでした。



茂原牡丹園

茂原市山崎210

TEL:0475−22−4224

今年は、4月17日(土)〜5月9日(日)

イベント開催、太鼓・獅子舞・三味線・琴の演奏など


今年も、もう咲き始めたそうです。

房総の里山の自然豊かな古民家の庭先や裏山に

色とりどりの、牡丹・芍薬・西洋シャクナゲ、

そして山躑躅が咲き

すっかり足の弱くなった母と

裏山の階段をゆっくり登ったのが

つい、昨日のことの様に思い出されます。




蕨や小さな野草が顔を出し

古里の情景そのままの小さな山の上から、

田植えが終わったばかりの

風景を眺めて、

いいねェ、この景色好きだわ・・・と

呟いていた

花の好きな亡き母でした。










ボタン桜が咲きました!by昭和の森

  • 2010.04.21 Wednesday
  • 20:00


牡丹桜が咲いたのです

 

暖か陽気に誘われて

ここは千葉市緑区昭和の森
千葉市緑区土気(とけ)町22番地
公園管理事務所:TEL:043−294−2884

あやめ池で名の通る、下夕田池

白鳥や家鴨が人懐こいのです

ボス、仲間を守る



人が近づくと威嚇!




本日、我が家は定休日ですが、急な仕事が入り

夕方になり、ウォーキングを兼ね散歩です。

近い割には、久し振りで訪れました。




自然豊かな公園です。


ゴールデンウィークに小さなお子様がいらっしゃるご家庭など

良い所ですよ。



唯、このボスには気を付けて!

結構、気が荒いのです。



子供たちが巣立った後の老夫婦みたい



見つめているのは、「老後のこと」?


ん、な訳ないか


写真をいっぱい撮ったので、明日も昭和の森シリーズで・・・・

では、また。





calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

訪問の証にポチして下さると嬉しいです。

写真ブログに参加しました

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

☆過去記事一覧☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM