何てことない、お家のご飯

  • 2017.04.16 Sunday
  • 18:35

 

 

桜も もう終わりかけて、優しい薄緑色の葉や、

 

赤く色づいた薄くて小さな葉が、初心で純な感じで

 

なにか、とっても心惹かれますね。

 

 

 

さて、我が家の孫ッチ一号、マイキーも、若葉そのものですが

 

新しい年も始まり、忙しく過ごしている中

 

ご飯を食べに (そうとしか思えない)帰って来ます。

 

LINEで、明日帰る!と、来ると

 

何てことない、ご飯の用意を考えます。

 

ご馳走ではなく、お味噌汁に、生野菜、果物、、、

 

こんなものが、一人暮らしを始めたマイキーにとっては

 

今は一番の大ご馳走の様です。

 

でも、そうは言っても、ちゃんとお肉を食べさせたいとか

 

バァバはちょっと、過保護気味ですかね。

 

今日は、チャプチェが有ったので、これがメインの積りでしたが

 

マイキーの一番のご馳走はタケノコご飯でした。

 

 

 

冷蔵庫にありあわせのものばかりですが

 

久し振りの玉子焼きが、美味しかった。

 

このトマト、激うま。

 

ワカメ、摂らなきゃ。

 

あ〜〜たけのこご飯、まだある?

 

持って帰っていい?

 

ハイハイ、何でもどうぞ。

 

斯くして、たけのこご飯はタッパーに入れてお持ち帰りの予定です。

 

私としては、作った〜〜と思うのは、地味な一鉢、

 

ワカメとなめたけと、長ネギのナムルです。

 

食生活が乱れたら、葱で免疫力つけて置かなきゃ、、

 

葱は、さっと湯通しします。

 

調味料は、ホタテの粉末だしと、ごま油。

 

これが私は一番美味しかった(*^^)v

 

三食食べて帰りますので、こちらも。

 

 

薄切り豚肉に塩コショーし、広げて巻き簾位の大きさに

 

広げ重ねた上に、

 

まず、大葉を乗せ、その上にレタスを乗せます。

 

太巻き寿司の要領で、くるりと巻いて

 

4センチくらいの間隔に、爪楊枝を刺していきます。

 

切り離して、フライパンで焼きますが、

 

焼いた肉汁に、赤ワインとポン酢と、バターひとかけ入れて

 

ソースを作って、お皿に盛った肉巻きに掛けて完成です。

 

これは朝、TVで見かけて早速作ったので

 

ここに書いて、忘れないようにしておこうと思い、

 

アップしました〜♪

 

レタスがシャキシャキして、赤ワインソースがとっても美味しくて、

 

我が家の定番になりそうです。

 

付け合わせは、ほうれんそうのお浸しに

 

厚揚げの煮物。

 

今夜は冷凍庫にある、シシャモとイワシを焼いて、青物とお味噌汁

 

サラダとそんなもので簡単に。

 

 

こんな和食がホッとするので、友達とファミレスで食事するときも

 

最近は、お魚の定食とか頼むんだ、って。

 

きっと、野菜と果物不足だろうな〜〜と思います。

 

先日も帰るときに、バナナとオレンジを幾つか持って

 

じゃあね〜〜と帰って行きました。

 

 

何でも持たせてあげたくなってしまう(笑)

 

 

 

何てことないご飯。

 

これが一番美味しいのかもしれません。

 

お味噌汁に漬物。

 

何でもいいから、煮物少々。

 

 

 

私は先日、お昼は外食で、空腹度合いが大した事無かったので

 

究極の「なんてこと無いディナー」をしました(爆)(>m<)

 

山芋を解凍し、賞味期限が切れそうな納豆に

 

お葱をたっぷり載せて、焼き海苔を散らし

 

小さめ卵を割り入れて

 

〜〜〜〜〜美味しかった〜〜〜〜〜

 

 

 

納豆は血液をサラサラにしてくれるので

 

脳血栓予防に、夜に食べるのがベストだ、とは聞いていますが

 

夜は、なかなか納豆メニューにはし辛いですね。

 

 

 

でも、なんてこと無いご飯。

 

いつでも、お出で☆

 

これで頑張れるなら、お安い御用です。

 

桜をじっくり見送れずにいますが、

 

まだもう少し、見られそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人暮らし

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 22:30

 

 

一緒に暮らしている、孫ッチ1号が、学校の紹介でアルバイトを始めた。

 

朝が早く、通うのに大変なので、学校にも近くまた、ターミナル駅に近い

 

学校借り上げのアパートへ引っ越す事になった。

 

 

19歳。

 

まさに、儚くも逞しい、若さのまっただ中に居る。

 

 

 

友達は、遠く他県から千葉へ来て

 

家を離れ、みんなしっかり生活している様である。

 

資格試験の勉強に、アルバイトにと頑張る友達の姿を見て、

 

感ずるところは多々あったようで、良い変化が起きて来た。

 

 

 

しかし、男の子っていつまでも子供だなあ、と思うことしきりである。

 

手続きの手違いで、引っ越しは二日遅れたが

 

昔からの住宅地に建つ、道の狭いそのアパートへ、

 

車に山のように荷物を積み込んで運ぶこと3回。

 

やっと形になって、今日は何とか落ち着いたようだ。

 

 

 

学校借り上げのアパートなので、期間は一年間で明け渡さなければならず

 

初めての一人暮らしのレッスンには、丁度良いのかもしれないと思っている。

 

 

これが彼の旅立ちになるのか、果たしてどうなのか。

 

私は、これが独り立ちのきっかけになる事には間違いないと思っている。

 

 

じゃあね〜バァバ、バイバイ(@^^)/~~~、、、、って。

 

 

なんだか、ホッとするやら、片付けがあるので

 

まだ気を張っているけれど

 

少し、幼い頃を思い出したりしていた。

 

 

 

 

思い出したりしていたのに。

 

 

のに。

 

 

 

 

一日で、アルバイト帰りに帰って来て、言い訳しながら

 

まだ荷物があるんだ、まとめに来た。

 

そう言いながら、眠ってしまって

 

結局、泊まった(笑)

 

 

 

そして、昨日、また来た(爆)

 

 

「やっぱ、この家落ち着くわ。」とポツリ。

 

 

「Nちゃん(マイキーにとっては叔母)なんか、アンタと同じ年だったっけ。

 

いきなりの北海道だったから、泣いて帰っては来れない距離だったんだよ。」

 

 

「へえ、偉かったね〜良くやったね〜」

 

 

((+_+)).。o○ 全く、他人ごとではある。

 

 

 

部屋で使っていた棚や小物を、また車に積んで送って行きがてら

 

ちゃんと、ご飯をしっかり食べるんだよ、と言い聞かせながら

 

途中、ステーキの「あ〇く〇」でサラダとお肉をがっつり食べさせた。

 

 

ついでに私も、がっつり食べた。

 

 

そして言うに事欠いて、「ホームシックだ。」とポツリ。

 

(*_*;

 

ここは大爆笑して下さって良い所です。

 

 

たった二日である。

 

幸い、両隣の部屋の住人は、同じ学校の友達である。

 

ごみ集積場から、コンビニ、ドラッグストア、などなど

 

色々教えてくれたという。

 

 

早速、友達が駅からの近道に深夜の公園を突っ切ると早いよ、と

 

二人で、暗くて広い公園を歩いて帰って来たらしい。

 

 

昔からの大きな公園で、若かりし頃、恋人とボートに乗って揺られたものだ。

 

そんな話をしたら、あんなダサイ公園で? デート?と、来たものだ。

 

 

 

「あの公園、絶対ナニか居る、、、、」と怯えている。

 

気配が盛んにした、と言うのだが。

 

私はキッパリ言ってやった。

 

 

「野良猫か、痴漢だね。」

 

 

「違〜う、、、、ばばに言っても無駄。」と怒るが

 

気が小さい奴で、、、、、心配である。

 

 

明日は仲良しの友達が早速遊びに来るから、今日は荷物の片付けと

 

部屋のインテリアを頑張ってするから、湿気ている暇はなさそうだ。

 

 

 

引っ越す前に、野菜不足の心配を盛んにしていた。

 

 

そして「そうだ!良いアイディアがある!!」と叫んだ。

 

 

嫌な予感がしたが、当たっていた。

 

 

マイキーにとって良いアイディアは、私にとっては少しも良くはない。

 

 

 

英会話教室は家の近所なので、週に一度は通うから

 

そして、まだ車の教習所も終わっていないので、週に二回は来て泊まる!

 

 

タッパーに一杯詰めて持たしてよ、と。

 

呆れた顔をして見せながら、心の内では

 

あのタッパーに、ブロッコリーを入れて

 

あのタッパーには、ほうれん草を入れてやって、、、、

 

もう色々考えている。

 

 

好きなミニトマトも、洗ってすぐ食べられるようにしてやって、、、

 

 

どうやら、マイキーの独り立ちは、私の孫離れでもあるようだ。

 

 

思えば、このブログを始めたのは、マイキーの事がきっかけだった。

 

 

13歳だった。

 

あれから6年。

 

 

曲がり角を幾つも曲がって、

 

マイキーも私も、目の前に今までよりも少し広めの道があるのを理解した。

 

 

ガンバレ、ワカゾー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母の命日

  • 2017.02.27 Monday
  • 12:09

 

 

 

 

今日は小雨混じりの底冷えのする日ですね。

 

と、ダイニング炬燵で足を温めながら、これを書いています(*^^)v

 

14年前の今日、母は帰らぬ人となりました。

 

涙にくれることも少しづつ減って来て、今はさらりと

 

元気だった頃の姿や会話を思い出すばかりです。

 

 

お墓参りも、この寒さの中、行こうか行くまいか迷っています。

 

 

 

 

明後日は、大事な用事が入っているので

 

風邪などひいたらいけない。

 

勝手な理屈をつけて、

 

生きて立派に予定をこなすのが最優先、と

 

きっと母は言ってくれるだろう、と思い込むことにしました。

 

 

 

古い記事ですが、母の思い出を語ったブログを

 

お暇がありましたら、読んでみて下さい。

 

自分自身でさえ、こうして書いたものを読んで

 

ああ、そうだっのか、と、細かい所はそう思うくらいですから

 

ブログに書き留めておく効能を、今更ながら痛感しました。

 

「亡き母に渡し忘れしものありて」

 

http://bousoukara.bousoukara.boo.jp/trackback/174

 

2011年2月で、左のsearch this siteに

 

「亡き母に渡し忘れしものありて」とお手数ですが、打ってみて下さい。

 

 

遠い思い出を聞いて下さり、有難うございました。

 

 

 

気温が安定していませんので、くれぐれも体調を崩しませんよう。

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お雛様

  • 2017.02.21 Tuesday
  • 09:20

 

 

昨日の春嵐は、久し振りに凄いスケールでした。

 

JR各線もダイヤが乱れ、一部ストップしたところもあり

 

砂塵に霞む、成田空港のTV映像は何度も流され

 

出来れば外出したくない日でした。

 

 

 

しかし、どうしても印刷しなければならない書類があり

 

プリンターが壊れていたので、

 

次女の連れ合い、KENちゃんのオフィスへ、ちょっとお邪魔して、

 

PCとプリンターを借りて、一仕事してきました。

 

 

 

次女と事務所のドアを開けようとしたところ

 

爆風が吹いて来て、造成されたばかりの売り宅地から

 

砂漠の様な(行った事はありませんが・笑)盛大に舞い上がった砂が、

 

私と次女を襲いました。

 

顔にぶつかる砂の、痛い事ッたら ((+_+))

 

髪は逆立ち、顔と言い、耳の中と言い、ジャリジャリになってしまい

 

思わず建物の陰に隠れて壁にしがみ付く有様でした。

 

 

一瞬前までは、超美女だったのに!?と言っても

 

誰も疑問に思わない(???)であろう、ビフォーアフターでした。

 

 

 

 

さて、一仕事終えて次女宅で、ほっこりティータイムをして来ました。

 

お雛様が飾られ、私は久し振りのご対面でした。

 

 

何故なら、YUZUちゃんがまだ幼い頃は、おままごとにしてしまうので、と

 

飾らなかったから。

 

2011年の、津波の少し後に生まれたYUZUちゃんは、

 

今年のお誕生日を迎えて、わずか二週間ほどで小学校入学です。

 

早生まれですので、ちょっと小柄だけど健康に恵まれ

 

色々な事に興味を持つ、元気いっぱいの女の子です。

 

 

振り返ると、出産後わずか一時間足らずの時

 

医師から、分娩室へどうぞと告げられ

 

私とKENちゃんは、YUZUちゃんと初ご対面した時のこと。

 

ベッドの上で母親に抱かれ、なんと母親の眼をじっと見つめていたのです。

 

名を呼んで、可愛い、、、、と呟く娘の顔を見上げ、眼を離さない。

 

 

 

「この声は、お腹の中で毎日聞いていた声、、、、」

 

そんな顔に見えました。

 

 

 

スマホで一枚、夢中で写した一枚を、娘は大喜びしてくれました。

 

撮影時間も入って、そう、この世に生を受けて確か53分後の事でした。

 

 

あれから6年。

 

月並みな感想ですが、時の経つのは本当に早いものですね。

 

 

 

マイキーのお下がりのキーボードで、超高速で弾く「猫踏んじゃやった」を

 

行くと、いつもご披露してくれます(^^♪

 

「早いのがいい?それとも普通?」と聞くので

 

「それでは、早めで。」とお願いすると

 

小さな手で、超高速奏法の猫踏んじゃったが聞けます♪

 

 

 

私が、写真ビデオのBGMに「ユーモレスク」を使った旨話すと、

 

「バレエでその曲で踊ったよ!」と弾いてくれました。

 

さわりだけだったけれど、一度聞いた曲を即、再現できる様で

 

ババ馬鹿( *´艸`)は是非、ピアノ教室へ、と勧めるが

 

「遊ぶ時間が無くなっちゃうから嫌!」との事。

 

勿体ないけれど、仕方ないわね、、、、YUZUちゃんの時間ですから。

 

 

一足早く、お雛様の前で女子会をして来ました。

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイキーと、お買い物

  • 2016.12.15 Thursday
  • 11:58

 

 

マイキーはただ今19歳。

 

車の運転免許取得中に付き、まだ電車の便の良い所以外は

 

「あそこへ連れて行って〜」とたまに、おねだりされる。

 

アルバイト料が入って、服を買いに、

 

安いお店のあるショッピングセンターへと

 

連れだって行った。

 

 

昔と違い、服が安い時代になりましたね〜

 

マイキーに付き合って、H&Mの店内をウロウロしている内に

 

私も、水色のシャツを¥700-にてGET!

 

マイキーも¥900-のパーカーやその他色々

 

GUや、そのほか安いお店で

 

数枚買っても、ん千円で済んだとホクホクしている。

 

若い子は何を着ても可愛らしい。

 

普段着は、これで充分。

 

 

 

私の歳になると、譲れないのは靴だ。

 

外反母趾と加齢のせいで、履くものを余程吟味しないと

 

歩いている内に、体全体が疲れてしまう。

 

服は、かつては結構なフリークだったので

 

昔のもので、流行に左右されない仕立ての良いシンプルなものは、

 

勿体なくて取ってあるので

 

今季も、着きれないほどの枚数はあるにも拘らず

 

また買ってしまった!

 

 

 

 

先日TVで、若い主婦の方で、お金を貯める達人の極意は

 

余分なものを持たない事、、、、、

 

はい、良く分っております、、、、、が。

 

その方は、家の中も、すっきり優雅に暮らしていた。

 

何と、服は19枚と決めているのだそう!

 

真似できそうもない。

 

 

水槽の中も、X’masでした。

 

久し振りのお買い物に夢中になっているマイキーと

 

時間を決めて待ち合わせ。

 

私は私で、好きな所をフラフラと。

 

lineでランチの時間に、少し遅れるというので

 

勝手に、自分の好きなお店に先に入っている作戦を決行。

 

 

 

 

ふっくらした頬も、すっきり逆三角形になって、

 

少し胃下垂気味のマイキーは

 

家で、お肉の気分でもない、、、、お魚の気分でもない、、

 

いえいえ、レストランじゃないから

 

何でも、スッとは出て来ないから。

 

そんな事が多くて、キッチンに立つ時間が増えた。

 

 

 

レストラン街で迷い始めたら面倒臭いので

 

さっさと、和食のお店に入って、好きなものを注文して待っていた。

 

 

「海の彩りおひつ膳」

 

¥1382-

 

 

「四六時中」というお店でした。

 

三つの味わい方には、まずそのまま海鮮を味わって

 

次は、海老味噌とオイスターソースのコクのあるソースをかけて。

 

最後は、白だしを掛けて「出汁茶漬け」で。

 

後から来たマイキーは、野菜たっぷりの、から揚げ甘酢あんかけ。

 

二人とも満足なランチでした。

 

「有難うね、出世払い。」と、可愛く言う。

 

次女の時も、こんなセリフをよく聞いた気がする。

 

 

 

出世するの?

 

待ってられるかしら(#^.^#)

 

 

 

自分だけだったら、入らないお店に入れて、

 

無限大に近い夢や希望を聞いて

 

「キラキラ時間」を共有できただけで

 

四幕目に突入している身としては、

 

それでもう充分かなっ、て気がする。

 

 

 

人生は短いから、君たち、ガンバ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新鮮野菜と母の日プレゼントあれこれ

  • 2016.05.09 Monday
  • 10:39


昨日は悲しい事も一つあったのだが、それはまた後で書こうと思う。



母の日に、娘たちと孫から母の日プレゼントを貰い、

次女のお姑さんの、はっちゃんは

家庭菜園でとれた新鮮野菜をどっさり、娘に持たせてくれた。

ほうれん草・小松菜・三つ葉・ラディッシュ・玉ねぎ・蕗

どれもこれも、スーパーで売っているものより香りが強い。


早速ラディッシュはサラダで

三つ葉は卵とじで

ほうれん草はピーナッツ和えで



お茶タイムでした。

次女は、住まいの近所は土地が安いから、

みんな家庭菜園をしていて

いつも新鮮野菜を食べられるから私、健康なんだわ!と。

お隣からも、いつも何やかやと畑からフェンス越しに

新鮮野菜を戴いて、有りがたいわ〜〜と。




三つ葉もこんなにどっさり、香りが良くて美味しい。

半熟卵を崩して食べると、素朴な味わいです。




ほうれん草のピーナッツ和えもコクがあって美味しい。

ああ、幸せ(*´▽`*)





そして、長女は猫の置物。



私が猫好きなので、雑貨屋さんで見かけて、

これ!と前から思っていた様だ。


次女からは写真立て。

ウッディテイストなデザインは次女の好きそうなものだ。

でも、親子だから好みが似ている。



マイキーは薔薇の入浴剤。

薔薇の花を浴槽に浮かべると、シュワーッと溶けて

良い香りに包まれる。



みんな、ありがとうね。

また一年、元気で母は頑張ります。







 

700の記事を書きました(#^.^#)

  • 2016.04.30 Saturday
  • 09:46


先日、管理が悪く、うっかりこのブログのサーバーの

手続きミスで、二日ほどネットに繋げないアクシデントがありました。

その時ご心配下さったブロ友の皆さん、本当に有難うございました。

心より感謝申し上げます。





さて、先の記事でようやく700の記事を書いたことに気付きました。

ブログと言えど、三〜四日に一篇とか

ひどい時は、一か月に数回のことも有りました。

6年前、孫のマイキーのことをきっかけに書き始めた拙ブログです。

始めたときは「房総からこんにちは」という何ともダサいブログ名でした(爆)

しかし、あまり器用ではない私。

リアルな生活ありきと、たま〜のつぶや記として

書きたい時にポツポツ書けば良い、と変えました。




始めた頃は、仕事で一日中PCと向き合って、

夕方には肩こりと、心の肩こりで(爆)

プライベートまでPCを触るのも嫌で

一向に、契約書類作成と販売図面の作成以外の技術を

磨こうともせず、忙しく過ごしていましたが

「忙」しいという文字は、心を亡くすこと。




自分にちょっとした負荷を掛けようと、ブログを始めたあの日から

12歳だったマイキーは見上げる程大きくなって

只今青春真っ盛りの18歳です。




「貴方の自慢は私の我慢」は、良く分かっております。

が、、、、ちょっと我慢をして聞いて下さいな。

単に、ババ馬鹿丸出しの話です。




この春頃、友達と遊びに行ったトウキョー(笑)で

3回ほどスカウトマンから「俳優業に興味はありませんか。」とか

「モデルをしてみませんか。」と

口説かれたらしい、我がマイキー。



しかし、「ハイ、申し訳ありませんが全く興味は有りませんので。」と

名刺さえ受け取らずに帰って来たという。





そして、時給900円程の

おにぎりやさんでのアルバイトに精を出している。

学校とアルバイトでクタクタになりながら

接客が楽しくて、と屈託がない。

新しい友達も沢山できたよと、楽しそうに話してくれる。

どうやら勉強は二の次の様子。




そして私の誕生日は5月である。

母の日と近いので、薄情な娘たちは「おまとめ」で祝ってくれる。



祝ってくれるのに何の文句が有ろうか。

図々しい母親である。



しかし、マイキーは

「ババ、確か誕生日5月だよね!楽しみにしていてね。

両方ともプレゼント用意するからね。」と、、、(T_T)

バァバは、君がバイトで得たお金だと思うと

使わせるのは胸が痛くて、、、、、



でも、プレゼントって、する方が嬉しいんだよね。

分かっているよ。

その人を思い浮かべて何かを選んでいる時って、

純粋に楽しい時間だという事を。

ささやかな「気持ち」を渡したいんだよね。





支えて来た積りが、すっかり私が支えられている。


ベタですが「LOVE」と言う名の薔薇です。



この飽きっぽい私が、700回も書き続けたという奇跡に

お祝いです。


大好きな「ピーナッツおこわ」

美味しいんですよ〜〜(#^.^#)





止めるのは何時でも出来るから、もう少し続けるかもしれない。

いつも引き止めてくれるブロ友さんにも感謝です。



800回、1000回、行けるかな?


継続が苦手だった私が少しは変われた様だ。


初めて書いた日のアクセスは16人だった。

一体何処の何方が?と思うと感激したものだ。

今は300〜400位の方がポチッとしてくれている。

見知らぬお方にも、ブロ友さんにも感謝、感謝です。


拙いつぶやきを、読んで下さって有難うございますm(__)m



お暇がありましたら、ちょっと立ち止まって

これからも見てやって下さい。

肩の力を抜いて、頑張りすぎずに、

ちょっとだけ頑張ります。













 

ことば

  • 2016.04.06 Wednesday
  • 08:55






入学式の朝

バケットを頬張りながら

マイキーは言った




「バァバ、ありがとう。」





その一言に万感はこめられて

2016年4月5日を

私はきっと忘れない







このブログを始めたきっかけは

初孫のマイキーだった。



あれから6年。

背も伸びた。

まだ子供のままだけど

私を労わることを覚え始めた。




先日の車椅子犬の飼い主さんではないけれど


「私が幸せなんです。」

その一言だと、思い至る。





私はこの年齢に、自分を守ってくれている人たちに

こんな「ありがとう」を素直に言えただろうか。



恥ずかしい思いに見舞われる。




今言わなければ、という時にきちんと言えるように

今からでも遅くないだろうか、、、、、そう、なりたい。






入学式の翌日(今日)は、オリエンテーリングで

山梨へと一泊で行く。



盆地は桃源郷で限りなく桃色に染まっているだろう。




大荷物のマイキーを駅まで送って行き

初めてスーツを着た後姿を、バックミラーで暫しの間見ていた。





 

18歳の誕生日

  • 2015.09.16 Wednesday
  • 12:14

先日、我が初孫のマイキー(ブログ上の呼称)が18歳になりました。

(本名は至って和の名前です)

ここ数年で、見上げるほど大きくなり、バァバの感慨も一入です。


生後9か月のお節句の時の写真です。

まだ歩き始める前の、この頃が一番コロコロしていました。

今は背に取られ、顔の輪郭もシャープになり別人のようです。




誕生日の感動は以前ほど無いそうですが、

ノンアルの酎ハイで乾杯したら

「やっぱり、ちょっと嬉しいかな、、、」と申しておりました。

まだまだ子供だな、と思いますが、

日常の会話から、成長したな〜と思うことが最近多くなりました。




TVで介護の現場を見ていた時の事。

「どこまで看ればいいの?」と聞いてきました。

ああ、この子は私を看る積りでいてくれるんだなと、

内心驚きながら、先のことはどうなるのか全く不明ですが

チャ〜〜ンス!(笑)と、2mm程は思ってしまったバァバでした。




「自力でトイレに行けるまでで良いよ。」

「あとは、然るべき施設や病院へ入る手続きなど、お願いね。」

分かった、と頷いてくれました。



これからどんな人生を歩むか、全くの未知数ですが

「自立」に向けて、一歩近づいているのを感じます。



しかし、私をどれだけ化石だと思っているのか。



9月1日の防災の日は、関東大震災の特集が多く組まれ、

それを見ていた時の事。

「みんな昔は大変だったんだね。バァバも大変だったでしょ?」

「そうね、大変だったわ、、、、、って、コラァ〜〜〜」
(-_-)/~~ピシー!ピシー!

歴史の勉強しなさいっ、と叫んだ私でした。

ケラケラ笑っていましたが、「昔、大昔、ちょっと昔」

の線引きが曖昧なようです。

一言で「昔の人間」と、こう思われているようです。



あと、もう一息のところまで来たんだなと、

先日は、ちょっと感じたバースデーでした。













 

親馬鹿&ババ馬鹿です

  • 2015.08.17 Monday
  • 15:43


昨日の送り盆には、ゆづちゃんも両親と我が家の墓参りに来てくれて

久し振りに会うと、ちょっとお姉さんになっていました。



娘が「お母さん、親馬鹿だけど、ちょと見てよ〜〜♪」と

バレエのレッスン風景を写した写真を見せてくれました。




かねてより、幼稚園で希望者はレッスンしてくれるから助かるわ〜と

申していましたので、訪ねた折には可愛いチュチュも披露してくれて

想像しているだけでしたが、「まあ、サマになってるじゃない?」と

バァバも、おバカさん全開です。



お目々は星マークで隠してありますが、顔は正面を向いてはいても、

目線は、しっかり母親のカメラの方を意識しています(>m<)




幼いうちに、ストレッチの癖をつけておくと、生きていくうえで

どれだけ助かるかしれませんね。



バァバも幼児期に、塗り絵などを塗りながら、バレリーナになるの!(笑)

などと、たわ言を言った記憶がありますが、田舎のことゆえ

バレエ教室が無かった、、、、、(涙)


娘は、今の趣味は「子育て」と言い切るくらい一生懸命子供と向き合っています。



頑張れ、みんな。














 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

訪問の証にポチして下さると嬉しいです。

写真ブログに参加しました

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

☆過去記事一覧☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM