無料・・・・・ネモフィラ&芝桜の花畑

  • 2018.04.23 Monday
  • 17:01

 

 

 

ひたち海浜公園のネモフィラは、海外メディアでも紹介され

 

日本で美しい所の、何番目かにランキングされているそうですね。

 

そんな話をTVで見ては、綺麗だなあと思っていました。

 

数年前は、ツアーに申し込んでおいて、当日熱を出し

 

泣く泣く諦めたこともありました。

 

 

 

今年は、何の花でも咲くのが早倒し傾向にあり

 

ネモフィラも、GWまで持つかどうか、だそうです。

 

 

 

開演前の、早朝6:30には、1000人以上の人が並んでいるそうで

 

それを聞いただけで、腰が引けます。

 

 

 

 

さて、前ぶりが長かったですが

 

近くで何と!無料で見られるお花畑があったのです。

 

 

<富田さとにわ耕園>

 

 

千葉市若葉区富田町711−1

 

TEL:043−226−0022

 

千葉市都市農業交流センター

 

 

市の施設ですので、嬉しいことに、入場無料・駐車場も無料です。

 

 

ただ今、芝桜とネモフィラの絨毯に彩られた光景が広がっています。

 

 

先週のある気隊は、ここで花を見ながら

 

奥の散策路を、ぐるりと一回りしました。

 

 

メンバーの、なべちゃんです。

 

最近、スマホデヴューし、写真を熱心に撮っています。

 

撮る対象が、道作家さんであり宿り木作家さん(と、私は呼んでいます)です。

 

キャップを被った若々しい姿は、とても還暦には見えませんよね。

 

 

 

ポピーも綺麗でしたよ〜

 

 

似たような写真ばかりで恐縮ですが、芝桜にもいろいろな色のものがあるんですね〜

 

 

咲き始めなのか、ラッキーな時期でしたが、きっとGWにはまだ間に合うでしょう。

 

 

風に乗って、花の香りが漂ってきます。

 

 

面倒見の良い、姐さんです。

 

御年66歳。

 

後ろ姿は、年齢不詳でしょう。

 

もちろん前から見ても。。。

 

私は、影で出演です。

 

 

新メンバーの、ローズさんです。

 

英会話教室での呼び名だそうです。

 

数か月前にご主人を亡くされ、姐さんがお誘いして

 

一緒に歩くようになりました。

 

皆と賑やかに話をして、体を動かせば、

 

泣いてばかりの日々も、きっと減る事でしょう。

 

こんな可愛らしい女性は、滅多にいませんって言うくらい

 

可愛らしい方です。

 

 

午後遅く4:00位からの歩きでしたので、日が陰って来ると

 

あまり鮮明な画像は撮れません。

 

 

この花畑の奥には牧場あり、池ありの

 

起伏に富んだ、歩き甲斐のある道となっています。

 

マムシ注意の看板に怯みながら、足より口が良く動く、ある気隊です。

 

 

 

 

ネモフィラの和名は、瑠璃唐草というそうです。

 

かなり古くに日本へ渡来した花ですが

 

ひたち海浜公園の、あのなだらかな丘陵に、

 

一面に広がる青い波、また波が

 

すっかり有名になりました。

 

 

皆さん、こちらでも、まだ間に合いますよ。

 

 

 

春は花追いに忙しく、写真を沢山撮り過ぎて

 

整理がなかなか追いつきません。

 

でも、旬でなければ花のお話は、意味がないですものね。

 

なんとか間に合いそうです。

 

 

 

御成街道から、曲がる所には、目立つ看板がありませんので

 

白石〇〇ゴルフ教室、という看板を曲がれば、すぐ見えています。

 

 

 

では、また、、、、違う花のお話を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タケノコ料理いろいろ

  • 2018.04.19 Thursday
  • 22:48

 

 

今年は、タケノコの当たり年でしょうか。

 

Wさんから、ありがたい事に、今年も何度か頂き感謝です。

 

 

 

最初はタケノコご飯にしました。

 

次も、筍の炊き込みおこわを作り、

 

あっという間にお腹に入り、湯気の立った写真がありません。

 

 

初物は、やはり感激の味ですね。

 

 

 

茹で立ての穂先をお刺身で。

 

 

あっさり、ワサビ醤油で口に運べば、筍の仄かな香りが鼻腔をくすぐり

 

ビールが欲しくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

大鍋一杯、骨付きの鶏肉を炒め、シメジ、ニンジン、筍を加え

 

炒め煮にします。

 

筍と鶏肉って、とっても合いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

次は青椒肉絲です。

 

 

普段は、スーパーで買う水煮の筍をちょっぴりですが

 

これでもかって言うくらい、筍たっぷりの青椒肉絲は

 

流石に食べ甲斐がありました。

 

 

 

 

 

 

最後は、今年一番のタケノコ料理だったなあと、自分で思う<メンマ>です。

 

 

クックパッドで引くとレシピが沢山出てきますので

 

お好みであれこれ作れますね。

 

 

 

 

まず、ごま油で筍を炒め、

 

私は、中華の調味料<創味シャンタン>をメインに味付けしましたが

 

粉末タイプの中華調味料でも、もちろんOKです。

 

 

 

お酒、味醂、お砂糖を少々加え、

 

お好みで、お醤油かオイスターソースを少量加え

 

お水少々で含め煮していきます。

 

汁気が無くなったら、仕上げにラー油を垂らし、出来上がり。

 

 

 

私はラー油を切らしていたので、鷹の爪を入れました。

 

これは我ながら美味しくできましたので、ご飯が進んで困りました(笑)

 

 

 

 

筍のお味噌汁

 

筍と油揚げのあっさり煮

 

筍のごま味噌炒め。

 

 

筍を満喫した春でした。

 

 

 

ありがとう、、、、Wさん。

 

そして、お庭で掘れたという筍を持ってきてくれた店子さん。

 

そして、貰いものだけどと、筍アレルギーの娘からも

 

こちらへ回してもらいました。

 

 

春の恵みと、皆さんのご厚意に感謝です。

 

 

 

皆さんの、お好みのタケノコ料理はなんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4丁目の夕日

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 09:20

 

 

ウォーキングが目的の「ある気隊」は、粛々と続いております。

 

一人だったら三日坊主は必須のところ

 

数人いれば、責務を敢行しなければなりません。

 

そんな訳で、大雨さえ降らなければ決行です。

 

先日は、街中の遊歩道を南下して数千歩を歩きました。

 

この季節は、家々の庭に咲く花を愛でながら。

 

リフォームを検討中の姐さんは、外壁の色のバランスを見られれてGood♪と。

 

あちこち立ち止まり、花を見ては名前は何だっけ?

 

素敵な家を見ては、あの色よいわね。

 

そんな、のんびりの行程で、果たして私たち運動になってるのかしら。

 

まあ、座って居るより遥かに良い事は間違いないけれど。

 

 

 

帰路に出会った夕日が、花粉の影響か黄砂の影響か

 

太陽の周りに二重の光が取り巻いてとても綺麗でしたよ。

 

信号待ちで立ち止まった私たちが見たのは「4丁目の夕陽」

 

正確に言うと、4丁目から見た夕陽です。

 

数枚撮りましたが、歩道には帰宅途中の小学生、

 

駅へと向かう若い男の子。

 

買い物帰りの主婦。

 

自転車で塾へ向かう子供たち。

 

車の往来も激しく、

 

一日の終わりへと向かう時間は、こんなにも生き生きとしているのですね。

 

 

 

 

 

おやつは黒船のスワンシューです。

 

 

生クリームがほど良い甘さで、柔くって

 

まあ、美味しい☆

 

マイキーと私の感想は

 

 

 

ほぼ、ほぼ、、、、、、これ

 

 

飲んじゃいました。

 

歩いたんでしょ?

 

ハイ

 

 

 

 

 

 

 

 

新緑の滝

  • 2018.04.14 Saturday
  • 12:20

 

 

今年ほど、花が咲き急ぐ春は、そうそうなかったような気がします。

 

あれこれ、日常のせわしなさにかまけて、

 

花の写真や新緑の写真が、時節に間に合わなくなってしまいそうです。

 

YU−TOも小学校に入学し、お守もあっという間に終わりました。

 

 

足元が危ないから、下りちゃダメよ、と言うと下りたくなる(笑)

 

春になると一度はこの目に焼き付けたい、柔らかい緑に包まれた粟又の滝です。

 

 

滝つぼ付近

 

 

もう桜もすっかり散ってしまい、黄緑色の木々の芽吹きも

 

少し濃くなった頃でしょうか。

 

 

 

 

岩は独特の形状を呈し、地質学の好きな方には楽しい光景でしょう。

 

 

夏は沢蟹や、銀緑色に光る糸トンボや、生き物好きには堪らない宝庫です。

 

植物園でしか見たことが無いと、花好きの方が良く言う

 

タマアジサイも、山陰にあちこち咲いています。

 

 

 

 

遊歩道の中途にあるこの大モミジは、秋に色づく頃は本当に美しい姿となります。

 

 

 

県の職員の方でしょうか、、、数人の方が、鮎の生息を調べていたようです。

 

稚魚の泳ぐ姿が岩陰に沢山見えました。

 

 

粟又の滝を眺める、お二人連れの後ろ姿は絵になりますね。

 

時を重ねて、特に語ることもなく、黙って二人、

 

同じ方向を眺める時間。

 

 

 

あれから10日くらい経ってしまいましたので

 

緑がもう少し濃くなった頃でしょう。

 

ドライブに最適の季節ですね。

 

では、また。

 

 

 

 

日本で世界に一番近い場所、、、

  • 2018.04.09 Monday
  • 11:57

 

 

先日、強風が一日中吹き荒れていた日の夜

 

お出かけをした、軽い心地よい疲労感で、

 

さあ、もうそろそろ寝ようと思ったその時

 

消そうとしたTVから

 

「日本で世界に一番近い場所なんです、ここは。」

 

という言葉が聞こえてきた。

 

ん?と思い、画面を見たら、なんと!

 

その日、まさしくそこへ行って来た場所だったのだ。

 

 

 

YU−TOを連れて、爺と三人で飛行機を見せてやりたいと

 

ナビを頼りにやってきた。

 

何度か来たことがあるけれど、どうも道が良くわからない。

 

 

 

 

成田空港の滑走路が目の前に広がる、<さくらの山公園>

 

プロの航空写真家は、よくここへ来て飛行機の写真を撮るのだとか。

 

 

 

ソメイヨシノはほぼ終わっていたが、枝垂れ桜がまだ風に揺れていた。

 

 

さくらの山と呼ぶだけに、多くの種類の桜が植えられている。

 

 

TV番組の取材は、三月の小雨の降る寒い日だったようだ。

 

朝から夜まで、ここへ来る人達に、何故ここへ来るのか一人一人に聞いていた。

 

ベンチでおにぎりを食べながら、

 

2〜3分ごとに離発着する

 

おびただしい数の飛行機を眺める、70歳のプロゴルファー

 

この日は、予選落ちした帰りにここへ寄ったのだと。

 

また、アメリカのツアーに出たいんだよねえ、と笑顔で言う。

 

 

 

 

 

 

 

ご夫婦連れの奥さんは、膠原病を患い、強い薬を飲みながら日々を送っているという。

 

体調の良い時に、ここへ二人でたまに来るのだという。

 

世界へ飛び立っていく飛行機、

 

世界のどこかから日本へやってくる飛行機

 

それらを見ていると元気になれる。

 

そんな話を聞きながら、いつの間にか眠気が飛んでいた。

 

 

 

 

滑走路に向かって、みんな前を向いているが、

 

公園の後ろの方から、轟音を響かせながらやって来る。

 

 

 

 

 

 

番組の話に戻ろう。

 

世界を股にかけて飛行機で飛び回っていた実業家は

 

現役の頃は毎月のように、今月は一億、来月は二億、、、と

 

お金の算段に明け暮れる毎日だったと、回想する。

 

それはそれで、充実した濃い時間だったと言う。

 

今は、奥さんからお小遣いをもらって、必要なだけ少しあれば事足りると。

 

お金の心配をしなくて済むのは、確かに良い事に違いない。

 

よい笑顔の人だった。

 

夢があるよね、ここは、と。

 

 

 

 

 

 

 

ここへ来るのは、二度目だという老夫婦は

 

奥さんが白内障の手術をして

 

良く見えるようになったと、これもまた笑顔。

 

 

 

「機長の顔が見えることがあるの。」と

 

そう、私にも見えたことが有った。

 

あ、機長が見えた!と、ちょっと嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の闇の中、ライトに浮かび上がる一人の若い男性が

 

滑走路をじっと見つめている。

 

何をなさっている方ですか?との問いに

 

現役のパイロットだという。

 

 

私は少し驚いた。

 

 

「今日のフライトは万全だったか。」

 

ここへ来て、自問自答するという。

 

ここへ佇み、滑走路を眺めながら、

 

一日の仕事を振り返る時が、彼にとっては大切な時間だという。

 

 

 

 

 

飛び立とうとする飛行機のジェット音が私は好きだ。

 

(近隣の騒音に悩む方には、大変申し訳ないけれど。)

 

 

 

 

 

風の強い日で、着陸するときに翼が左右にクラクラ揺れて

 

ハラハラ・ドキドキしながら見ていた。

 

大丈夫かなと思いながら、無事着陸すると、

 

思わず拍手したくなるほどの風だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りに、丘を下るとき、電車が走ってきた。

 

YU−TOは、「あ!!電車だ〜〜☆」と、大喜び。

 

 

 

そうか、YU−TOは鉄ちゃんだったのだ。

 

 

 

飛行機を見て、お腹に響くジェット音に喜んでいたのは

 

大人の方だった。

 

 

 

ここには、夢がある、と一様に皆が言っていたのが印象的だ。

 

 

 

城達也のナレーションが懐かしい、ジェットストリームのオープニング曲

 

Mr.Lonelyが大好きだった。

 

感情の乱れの無い、端正な大人の声を聴いて眠りにつくのが好きだった10代。

 

YouTubeには、たくさんのジェットストリームがアップされて

 

どれを選ぶか迷ったが、シンプルにこれが好き。

 

http://youtu.be/S45sZVbKm-g

 

 

 

 

追加:ナビで行かれる方へ

 

 

〜〜成田市駒井野1353−1「空の駅さくら館」
  TEL:0476−33−3309

レストランもできて、農産物やらお土産やらを売っています。

ナビにもし、出なかったら、
「マロウド・インターナショナルホテル成田」を

目指していくとすぐですよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いすみ鉄道・ムーミン列車、菜の花の中を行く

  • 2018.04.05 Thursday
  • 13:41

 

 

房総半島の里山の中を、ただ今、菜の花列車がのんびり走っています。

 

 

この里山が、ムーミン谷に似ているからとのことで

 

ムーミン列車と呼ばれています。

 

思いがけないところに、ムーミンの物語の人物?達が

 

沿線にひっそり立っているそうです。

 

 

 

いすみ鉄道は、JR外房線大原駅から、里山の中へ入っていく路線です。

 

全長26.8キロm、14駅間を結ぶ可愛いローカル線は

 

1.1キロm〜3.5キロmの各駅を結んで走ります。

 

一時、赤字で存続が危ぶまれた時期がありましたが

 

公募で採用された、アイディアマンの社長さんのお陰で

 

経営不振を乗り越えたという話は、県民の広く知る所です。

 

 

終点の上総中野駅は、市原市五井駅から出ている小湊線の終点でもあります。

 

 

普段は人影をあまり見かけない駅前ですが、この日は春うららの陽ざしに誘われて

 

なんと、観光バスが三台停まっていました!!

 

 

駅舎のトイレは、この地の名産、竹の子のを象った楽しい形。

 

 

小湊鉄道の列車は、観光客で満員でした。

 

バスのお客様も、各々カメラを手に、これがお目当てだったようです。

 

 

小学校の入学式まで、毎日遊んでやらねばならないYU−TOです。

 

カメラを向けると、ジャンプして空中浮遊の一枚が撮れました。

 

 

菜の花と、桜の中を走ってくるムーミン列車は

 

頑張って生きている生き物のようで、何やら可愛らしい姿です。

 

ここへの道すがら、バズーカ砲のようなレンズを装着した

 

立派なカメラを構えたカメラマンさん達を、大勢見かけました。

 

 

 

聞くところによると、カラオケ列車や

 

フランス料理のフルコースを頂きながら、のんびり行ける列車や

 

ジャズ列車なんてものも、あるそうです。

 

 

 

 

県民でありながら、実は、いすみ鉄道には一度しか乗ったことが無いのです。

 

その昔、大昔、

 

女子高生だった私と友人は、

 

大多喜高校(タレントの渡辺正行さんの出身校です)の

 

二つ先輩の男子高校生に、文化祭に来てくださいと招待され

 

遠路はるばる、いすみ鉄道に乗って大多喜まで来たことが有りました。

 

あの頃は、久留里線と呼ばれていたような、、、、、

 

遥か霞の彼方の記憶です。

 

 

 

里山、田んぼ、竹山、川、赤い鉄橋を何度か渡り

 

まだ世間を知らない幼い女子高生の私たちは

 

異文化の地へ、プチ旅をしたような、一日でした。

 

大多喜高校の屋上で、フォークダンスの輪に加わったことなど、、、、

 

 

 

人生の終章に入り、大昔の事が映像として記憶に刻まれていることには

 

我ながら驚きます。

 

 

 

昨夜のご飯が思い出せないことも多くなり、、、、

 

ああ、老化現象。

 

着実に進行中。

 

 

 

古いことを、何度も語って語って、若い者たちに嫌がられながら、

 

こうして歳をとって行くのでしょうか。

 

 

前にも話したことが有ると、気づきながらも

 

話の流れで、語ることもあります。

 

「15回目だけど、ちょっと我慢して聞いて。」と。

 

 

 

話好きだった亡き父の話を、もっと丁寧に聞いてあげれば良かったと、

 

ちょっぴり、後悔しています。

 

 

 

桜はもうそろそろ終わりですが、菜の花はまだ、咲いていましたよ。

 

 

 

 

 

 

幽玄な夜桜〜〜東金・八鶴湖

  • 2018.03.31 Saturday
  • 10:47

 

 

関東のお花見は、この土日の二日間がピークでしょうか。

 

初夏のような気候に、一気に花開いた桜。

 

先日の歩く仲間達との「ある気隊」のコースは、この花見日和に

 

急遽、東金の八鶴湖(はっかっこ)の夜桜に決定しました。

 

 

まだ明るいうちに鴇嶺(ときがみね)に上ってみました。

 

午後5:00頃の画像です。

 

東金市内を見下ろせる展望台からは、

 

遠く、海辺の宿泊施設・サンライズ九十九里も見え

 

足腰の鍛錬というには、少々きつい階段でしたが

 

鍛えた感は半端なく、調子づいて鴇が嶺を登って下りて、

 

ぐるりと一周してしまいました。

 

多分、7000歩くらいのウォーキングでした。

 

 

「鴇ヶ嶺の林道さくらまたさくら」の碑がありました。

 

まさしく、見渡す限り、さくら、またさくらでした。

 

 

大正時代の旅館として歴史を刻んだ建物「八鶴館」は、

 

芸妓衆なども、昭和40年代くらいまでは活躍していたようです。

 

明るいうちはこのような佇まいですが

 

ひとたび夜の闇に包まれると、妖艶な建物に変貌します。

 

 

 

二階からのお花見も、なかなかのものでしょう。

 

 

浮島に小さな神社がありましたが、その辺りがメインにライトアップされ

 

腕が悪くて、、、、いえ、安物カメラで、、、(笑)

 

焦点が定まって居なくて申し訳ありませんが

 

久方ぶりの夜桜に感動し、十分堪能してきました。

 

 

 

 

 

似たような写真ばかりですが、桜、さくらに包まれて

 

池の周りを一周してきました。

 

 

 

屋台も沢山出て、見たらみんな食べたくなりますが

 

この日は焼きそばと、、、、、

 

 

アユの塩焼きで締めました。

(ひとくち、ふたくち齧ってから、慌てて一枚)

 

無残な鮎で失礼しました。

 

 

 

こんな暖かい夜桜なんて、初めてだったかもしれません。

 

花冷えが怖くて、夜桜はもう行かないと決めていた更年期時代もありました。

 

 

そこを通り過ぎたら、また少し健康になれたようです。

 

 

 

今日は少し気温がもとへ戻りましたね。

 

皆さん、あちらこちらでのお花見を楽しんでいらっしゃることでしょうね。

 

 

 

市原の道の駅「あずの里」公園も、百花繚乱、綺麗でしたよ。

 

 

 

今日はまた、見事な枝垂れ桜を見に行こうと誘われていますので、

 

午後からまた、行ってきます。

 

皆様も良いお花見ができます様に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Boy達との三日間

  • 2018.03.27 Tuesday
  • 21:10

 

 

気付いたら、桜が咲いていた。

 

一昨日(日曜日)は、市原まで姉夫婦のダンス競技会の応援で行ったけれど

 

道中、まだ桜は咲いていなかった。

 

一分、二分咲き位だったのに

 

今日は、一気にパアッと咲いて、華やかに町が彩られていた。

 

まだ、この近辺の写真を撮るに至っていないので、

 

東京の桜の名所、昨年の目黒川の桜を見て下さい。

 

 

川の正面のビルは、確か記憶では目黒雅叙園だったと思うけれど

 

次女が、雅叙園で結婚式を挙げたのも、こんな桜の季節だった。

 

 

 

 

 

このところ、ハードスケジュールを追うだけで精いっぱいの日々でした。

 

 

 

 

卒業旅行で、友達とシンガポール、インドネシアへ行ったマイキーは

 

左手を骨折して帰ってきました。

 

 

 

行き帰りは、北京経由で行ったらしい、、、安いからという理由で。

 

PM2.5をその目で確かめ、骨折さえしなければ楽しい旅だったようだ。

 

 

 

北京空港の待ち時間に、腫れた左手の写真をLINEで送ってきた。

 

心配しても距離もあることで、明日帰って来るのだからと

 

待つ事だけに徹するしかない身。

 

 

成田へ降りて、ネット検索していた病院へ

 

同行の友達の付き添いで、すぐ駆け込んできた。

 

 

 

ツアーコンダクターとして飛び立つ予定の子達なので

 

その辺は、てきぱき面倒を見てくれたようだ。

 

その翌日から、その一人が我が家へ三日間泊まることになっていた。

 

 

 

関西出身の友達は、関東圏で就職が決まり、マイキーはホッとしているようだ。

 

経験豊富な二歳年上。

 

頼りがいがあるようで

 

マイキーは、ここ一年ほど、すっかり彼に懐いていたようだ。

 

 

たっちゃん(友人の名だ)の手土産を、夕飯の後に頂いた。

 

何かとたっちゃんの部屋に泊まり込んでは、マイキーがお世話になっていたから

 

今度は新生活に飛び立つ彼に

 

せめて、せっせと夕飯と朝ご飯くらいは張り切って作ろう。

 

そう思って、男子はやっぱりお肉だろうと、スペアリブの煮込みを

 

大鍋一杯作っておいた。

 

独身男子は、おそらく野菜不足だろうと、

 

野菜のメニューもあれやこれや用意しておいた。

 

子供の頃は食べられなかったけど、今は野菜が美味しいと感じるようになったと

 

モリモリ食べてくれた。

 

明日の朝ご飯は、何時が良い?と聞く私に

 

「朝ごはんも頂けるんですか。」と、嬉しそうに且つ、爽やかに言う。

 

 

 

 

三日間の間に、引っ越しの荷造りに毎日部屋に通う彼の手伝いが出来ないのが

 

マイキーは、もどかしかっただろう。

 

 

右手があれば何でもできるだろうと、バァバはスパルタだけど

 

たっちゃんに、背中まで流して貰って居た。

 

体育会系で、礼儀正しくフレンドリーな彼は

 

しゃべり過ぎるわけでもなし

 

遠慮しすぎるわけでもなし

 

ほど良い距離感で、会話も合わせてくれる。

 

 

 

二十歳を過ぎていれば、青年と呼ぶのが相応しいのだけれど、

 

私にとっては、二人は「Boy」だ。

 

 

 

大学を一年で辞めて、海外へワーキングホリデイに行った経験を話してくれた。

 

 

語学学校へ行ったその日に、聞かれたことは

 

「君は天皇制をどう思う?」だったそうだ。

 

日本語でだって、答えられない自分が

 

まして英語で答えられずに、

 

ごめんなさい、分かりません。と、ギブアップしたと。

 

 

 

 

海外で暮らしてみたいというマイキーに

 

さわりでも良いから、日本の歴史と文化を

 

ちょっとでも勉強してから行った方が、という私のアドバイスに

 

たっちゃんは、上述の話をしてくれた。

 

 

お祖母ちゃんの言う通り、

 

自分の知り合いの外国人が、

 

「日本の事は知っているよ。ニンジャ・サムライ・ヤマグチ組。。。。」

 

どうだ!!って、顔をしたんだ。って、、、、(笑)

 

 

 

それから、世界遺産の話が出たとき

 

「オバマさんが、広島へ来てくれたのは嬉しかったなあ、、、」と。

 

 

 

歴史の中でも幕末と、第二次世界大戦前後に、とても興味がある、と。

 

ブロ友のTさんのgooブログ、「眺めの良い部屋から」を

 

たっちゃんに勧めておいた。

 

 

 

マイキーが、たっちゃんに心酔していた気持ちが、分かるような気がした。

 

 

 

彼に出会って、甘ちゃんだったマイキーは、エンジンが掛かった様だ。

 

 

 

よい出会いがあって、良かった。

 

充実した学生生活だったでしょう。

 

 

 

先日、病院へ行ったら、大きな針で麻酔され、

 

互い違いになった骨を引っ張って、

 

グリグリ(ここは、平仮名よりカタカナの方が痛そうで)嵌めたそうな。

 

明後日は、その経過を診てもらいに、また連れて行く。

 

きちんと付いたかどうか。

 

それによって手術が必要かどうか、、、、

 

やれやれ、、、、、まだ手が離せないお子ちゃまだ。

 

 

 

そんな忙しい日々の合間に、姉夫婦のダンス競技会の応援に

 

朝早くから行って来たり、流石にハードスケジュールだったなあ、と

 

反省しきりである。

 

疲労感が蓄積し、何とはなしに歳を感じています。

 

 

凝りない奴でして、明日は夜桜を見に行ってきます。

 

桜は私を待っていてくれないから。

 

 

 

では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜情報「野見金公園」〜〜長南町

  • 2018.03.26 Monday
  • 21:37

 

 

 

この陽気で、あと数日で桜が一気に咲きそうですね。

 

少し前の画像が溜まってしまい、時期がずれていますが

 

お花見に、こんな場所は如何でしょう。

 

「スカイツリーの見える丘」

 

 

長南町の野見金公園

 

小高い丘にあり、トイレ施設など新しくて気持ちの良い公園です。

 

 

 

真冬は視界が良く、薄っすらとスカイツリーが見えましたが

 

花粉が飛ぶようになると、空が曇っていて見えません。

 

 

テラス席もあり気持ちの良い眺めです。

 

 

カフェは4月7日にオープンだそうです。

 

 

夜桜も良し。

 

桜並木を、そぞろ歩きも良し。

 

お弁当を持って、桜を眺めながら広々した景色を眺めるのも良いですね。

 

 

 

皆さんは、お花見の計画は立てましたか?

 

 

帰りは、この近くで 新鮮野菜を買いました。

 

 

 

スイスチャードは、ビタミン豊富で

 

ホウレン草のような調理法で良いので

 

柔らかい所はサラダで、茹でてお浸しも、胡麻和えも

 

しっかりした歯応えなので、ナムルも良し、

 

この冬は、高級食材と化した青物が

 

暖かくなって、すっかり元の値段に戻ってくれて、嬉しい限りです。

 

 

では、どこかでお花見をしたら、また報告しますね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフの練習を再開しました。

  • 2018.03.20 Tuesday
  • 11:37

 

 

 

急に暖かくなったと思ったら、明日は雪の予報です。

 

芝の上で2儖未箸里海箸任垢、お彼岸頃の雪は珍しくはありませんね。

 

体調を崩さないように、皆さんお気をつけてお過ごしくださいね。

 

 

後ろの絵は、オーガスタの名物ホールの12番Hです。

 

 

 

さて、数年ぶりで、ゴルフの打ちっぱなし、

 

練習をしてきました。

 

手や足を、一年おきくらいに怪我して、すっかり遠ざかっていましたが、

 

新たにゴルフを初めてみたいという女性が現れ

 

気楽にラウンド出来たら楽しいだろうなあ♪と思い

 

早速、初練習にお付き合いしました。

 

 

小雨の降る日でしたが、駐車場は車で一杯でした。

 

どこへ行っても、やはりシニアが多いですね。

 

この練習場へ行くのも久し振りで、300ヤードと広い所です。

 

球が自動アップで、次から次へと出てくる一階は、もう埋まっていましたので

 

二階席で、ひと籠80球で行ってみました。

 

 

剣道など、長いものを振る経験のあるWさんは、筋が良いと見えて

 

最初からクラブに球が当たります(*^-^*)

 

ボディターンも、すぐ理解されて

 

体幹で打つ感覚を初回から理解できれば、

 

フェアウェイデヴューは、結構早いかもしれません。

 

 

 

運動音痴で運動不足だった私は、なかなか、

 

そこまで辿り着くのに、時間がかかったのを考えれば

 

Wさんの上達は早そうで、先が楽しみです。

 

 

 

私のクラブの握り方、インターロッキング、、、

 

左手の人差し指に、右手の小指を絡める握り方を教えましたが

 

どうもしっくりこない様で、

 

付き添いの家人は、バット握りしてみたらどう?と

 

アバウトなアドバイス!

 

しかし、これが落ち着くようで、

 

初めてなのにパンパン当たっていましたよ〜(*^^)v

 

 

ちょっと休憩です。

 

休憩にいつも飲んでいた、牛乳屋さんのコーヒーの自販機が無くなっていて

 

ちょっと、がっかりでしたが。

 

軽く汗をかいてお腹も空いて来ましたよ。

 

 

 

80球では少ないかな?と思いましたが、久し振りなので、

 

丁度良い運動量だったかもしれません。

 

一球・一球、丁寧に打つことで勘を取り戻せました。

 

 

収納庫に仕舞いっぱなしだった道具も、綺麗にお手入れして

 

緑が鮮やかになる頃、彼女の初ラウンドを企画したいと思います。

 

 

 

 

練習が終わった後は、例の永田ドライブインでランチです。

 

 

「本日のおすすめ」は「鯛のお刺身」でした。

 

¥850−

 

ご飯セットプラスで、¥1000−です。

 

新鮮でコリコリした歯応え、もう鮮魚はここと決めました。

 

 

 

相変わらず混んでいました。

 

 

私とWさんの女性陣は、幕の内弁当にしました。

 

マグロのお刺身、天ぷら、唐揚げ、煮物等、

 

どれもみんな美味しかったのは言うまでもなく、写真どりを忘れました。

 

 

 

再び、ゴルフが楽しみになって来ました。

 

 

 

では、また〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

訪問の証にポチして下さると嬉しいです。

写真ブログに参加しました

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ

☆過去記事一覧☆

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM